生活 経済 韓国の反応

韓国人「"トヨタよどけ"日本を抜いた韓国車...今度こそ1位を狙う…」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事(非表示中)

昨年販売量基準で世界3位を記録した現代自動車グループが、世界1位の日本のトヨタグループを超えた財務成績表を発表した。営業利益率も米国の電気自動車メーカーであるテスラに続き、グローバル「ナンバー2」だった。

起亜自動車は26日、第1四半期連結基準の売上高23兆6907億ウォン、営業利益2兆8740億ウォンを記録したと明らかにした。売上高と営業利益は昨年同期よりそれぞれ29.1%、78.9%増加し、昨年第4四半期に記録した四半期ベースで過去最高の成績表を更新した。売上高当たりの営業利益規模を示す営業利益率は12.1%で過去最高だった。

前日、現代自動車に続き、起亜自動車まで過去最高の業績を記録し、現代自動車グループ(現代自動車・起亜自動車)の第1四半期の営業利益は6兆4667億ウォンに達した。これは今年第1四半期の予想業績が5兆844億ウォンであるトヨタより高い水準だ。

昨年の販売台数基準世界1位はトヨタ、売上高基準世界1位はドイツのフォルクスワーゲングループだった。今年第1四半期の実績だけを見ると、現代自動車グループはこれらのグローバル自動車「ツートップ」と堂々と競争したことが分かった。

毎日経済とサムスン証券が分析した主要完成車メーカーの第1四半期の実績(予想値を含む)を見ると、現代自動車・起亜自動車の営業利益はフォルクスワーゲングループ(10兆2801億ウォン)に次いで世界2位だった。営業利益率基準でも現代・起亜自動車はテスラ(11.4%)に次いで2位を占めた。トヨタグループの営業利益率5.9%(予想値)と比較しても2倍近く高い。

証券業界では、現代自動車・起亜自動車の収益性が当分の間、高い水準を維持すると予想した。

サムスン証券のイム・ウンヨン主任研究委員は「内燃機関車の在庫が不足しており、関連固定費も下がっている」とし、「完成車メーカーが既存の内燃車の生産施設を電気自動車専用に転換しており、内燃部門の競争も過去ほど激しくなく、このような流れは少なくとも2年間は続く見通し」と述べた。

ただ、2025年以降も現代自動車・起亜自動車の営業利益率が2桁を維持できるかは未知数だ。2025年を境に世界の主要完成車メーカーが電気自動車の量産体制を構築し始め、メーカー間の価格競争が激化すると観測されるからだ。

現在、テスラが後発メーカーを牽制するために電気自動車の価格引き下げ競争に火を付けているが、2年後には全完成車メーカー間の競争に拡大する可能性があるという説明だ。この場合、現代自動車・起亜自動車を含む完成車企業の収益性低下は避けられない。

一方、高水準を記録した起亜自動車の第1四半期の業績は、収益性の高いレジャー用車両(RV)とエコカーが牽引した。起亜自動車は第1四半期に国内外で76万8251台(卸売基準)を販売した。昨年同期に比べ12%増加した数字だ。国内では、カーニバル・スポーツ・ソレントなどの販売が増加し、第1四半期のRV販売比率が昨年(54%)より高い55.3%を記録した。

米国でも人気スポーツユーティリティ車両(SUV)のテルライドの販売が昨年第1四半期より23.2%増の2万7000台を記録し、スポーティーは92.5%増の3万2000台が販売された。インドでは新型カレンスの販売好調により、市場シェアを昨年の6.7%から第1四半期には7.3%まで引き上げた。

起亜自動車の第1四半期のエコカー販売は、新型スポーティーハイブリッド・プラグインハイブリッド新車効果を中心に昨年より21.1%増の13万3000台を記録した。全体販売でエコカーが占める割合も2.3%ポイント増の18.1%を達成した。

また、第1四半期のドルに対するウォンの平均為替レートが昨年より5.9%下落した1276ウォンとなり、ウォン安になったことも売上拡大と収益性改善に貢献した。

起亜自動車は、ハイスペックRV需要の攻略に加え、下半期の大量販売モデルであるソレントとK5の部分変更車の発売を通じて、過去最高の販売記録を続ける方針だ。米国ではテルライドとスポーティージの生産量を拡大する計画だ。

引用元記事:ttps://is.gd/GiaCL8

ぜひ1日1回応援お願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバーからの反応です。

よくやったことは、よくやったと褒めてあげましょう

 

 

労働組合をなくせ

 

次のページへ >

面白かったらぜひ応援お願いします↓

タイムセール情報はこちら↓

  • ●Amazonタイムセール
  • Youtube登録者を1,000人増加します Youtube登録者増加の宣伝をします!

    おすすめ記事

    その他のおすすめ記事

    -生活, 経済, 韓国の反応

    アクセスランキング