政治 韓国の反応

韓国人「世界の流れと逆行するユン大統領...」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事(非表示中)

本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

凶悪なニュースを耳にする。原子力発電所をさらに建設するというのだ。政府は電力がどれだけ必要で、どのように電力設備を整えるか15年単位の計画を2年ごとに定めるが、今年策定する第11次「電力需給基本計画」に新規原子力発電所を数基追加する方向で設計しているというニュースが聞こえてくる。

今週、草案が発表される予定だったが、意見の調整がうまくいかなかったのか、来月に延期されたそうだ。 政府は発足以来、原発2基を新たに建設し、老朽化した原発を延長稼働させると表明し、原発拡大の手順を踏んできたが、それでは満足できないのか、原発強国に向けた力強い疾走に余念がない。

化石燃料からの脱却にも非常ベルが鳴っているようだ。LNG(液化天然ガス。天然ガスという言葉が似合わず、代表的な温室効果ガスであるメタンが主成分である)の割合も増やすようだし、石炭発電の永久退出もエネルギー安全保障を理由に慎重だという凶悪な記事を目にするのは同じだ。

輸入に依存する石炭を増やせば増やすほど、エネルギー安全保障は脅威にさらされるのに、何を言っているのか。韓国に原子力発電の燃料であるウランがあるのか、石炭発電に使われる 유연탄があるのか、都市ガスやガス発電のためのLNGもすべて輸入だ。原油は言うまでもない。エネルギーの93%程度を輸入に依存している状況。エネルギー安全保障を考えるなら、石炭も原発もLNGも減らさなければならない。

そして、輸入する必要がない、太陽と風の力を利用した再生可能エネルギー、太陽光と風力発電に集中投資し、代替していかなければならない。世界的にも再生可能エネルギー発電及び燃料への投資は増加しており(2020年比2021年21%増加)、再生可能エネルギー発電設備への投資は新規石炭及び天然ガス発電設備の8倍に達する。

エネルギー需要を減らさなければならない理由

もちろん、エネルギー安全保障の側面だけではない。石炭発電を退出させなければならない理由は、それが温室効果ガスと大気汚染の主犯として挙げられているからだ。LNGも温室効果ガスを排出する化石燃料だ。原子力発電は事故が発生すると取り返しのつかない放射能汚染被害をもたらし、発電所稼働中も常時、気体・液体放射性物質を排出する。稼働中に排出される核廃棄物は処分する場所もない。

そのため、エネルギー転換を急ぐべきだと、気候危機を防ぎ、安全でクリーンなエネルギーへの転換が必要だと強調してきた。 しかし、第11次電力需給基本計画には再生可能エネルギーの割合を増やす計画もないという。世界は再生可能エネルギーへの急激な転換を図っているのに、政府は原子力発電、原発産業と生態系だけに関心を持っている。

太陽光と風で作ったエネルギーはクリーンで安全で、燃料費もかからない。温室効果ガスを排出せず、放射能汚染の心配もない。大気汚染物質も排出しない。しかし、これもタダでは得られない。石炭発電と原子力発電、LNG、そして輸送と暖房に必要なエネルギーを太陽光と風力中心の再生可能エネルギーに変えるには、大量の設備と敷地が必要だ。

太陽光モジュール、風力発電機、貯蔵装置、活用装置、そしてそれらを設置するための敷地。 これらの装置や設備の製造を考えると、クリーンとは言い切れない。膨大な量の鉱物をはじめ、希土類、リチウム、コバルトなどのレアメタルを採掘し、加工する過程で生態系破壊や土壌・水質汚染が発生するからだ。

そして、希少資源のほとんどは地球南半球に存在する。できるだけエネルギー需要を減らし、可能な限り再生可能エネルギー設備を最小化しなければならない理由だ。さらに、再生可能エネルギーは化石燃料や原子力発電に比べて利用率が低く、変動性が高いため、多くの容量の設備が必要だ。エネルギー需要を下げることが重要だと強調する理由だ。

脱原発を抜きにしてエネルギー転換を語ることはできない。

先日、グリーン連合とエネルギー気候政策研究所が共同で出した「脱炭素脱原発エネルギー転換と地域再生可能エネルギー自立方案」報告書は、韓国社会がどのようにエネルギー転換を図るのか、その原則と経路を提案している。これまで政府や民間研究所などが2050年カーボンニュートラルのためのシナリオを提示していないわけではないが、この報告書が彼らと異なる点は、まず気候危機の代替案が原子力発電ではないという点、脱原発の経路を示している点だ。

脱原発が完了する時期を2035年と定め、新韓ウル3、4号機の新規原子力発電建設は中止し、新規計画は無効化し、核燃料を装荷していない原子力発電所の燃料装荷も試みないこと、稼働中の原子力発電所は設計寿命より短くても1年、長くても30年程度早く閉鎖する経路で行くべきだと言っている。

報告書は2030年までに脱石炭発電、2035年脱原発、2040年脱LNG、2040年脱内燃車(2030年生産と販売中止、2040年運行中止)の経路を描き、その段階ごとに再生可能エネルギーに転換しながら石炭と石油、ガス、熱エネルギーを電化するために必要な再生可能エネルギー発電設備容量を定量的に提示した。このために必要な太陽光と風力発電容量はそれぞれ635GW、150GWである。

太陽光の累積容量が2021年現在21.5GW、風力1.7GWであることから、太陽光と風力はこれまで累積設置した以上の容量で毎年増やしていかなければならない。政府の見通しによる2050年のエネルギー需要を50%削減すると仮定したとしても、必要な再生可能エネルギー設備は、果敢でスピード感のある転換なしには達成が難しい規模だ。

法と地域別の条例に再生可能エネルギー目標を明確に明記し、再生可能エネルギーに転換するための責任と義務を制度化し、段階的に目標と成果の検証ができるように強力な規制と自主的な参加も保障されなければならない。強度の高い需要と効率管理、より果敢な政策とより多くの想像力が動員されなければ達成できないことを強調する理由だ。

地域エネルギー自立なしのエネルギー転換は虚構

報告書のもう一つの違いは、国家的な次元でのエネルギー転換だけでなく、地域別のエネルギー不平等を解消するための方策を提示した点だ。現在、韓国の状況は地域別にエネルギー生産と消費に大きな差がある。比較的エネルギー消費が少ない遠隔地に発電所を建て、エネルギーを必要とする都市や産業団地に送電するシステムだ。地域間のエネルギー不平等は当然、送電線建設による葛藤を生むしかない構造だ。

しかし、再生可能エネルギーは石炭発電や原子力発電のように大規模に発電所を建設し、電力を生産して超高圧で送電するシステムを目指していない。必要な場所で電力を生産して使用する分散型エネルギーシステムが可能な方式だ。再生可能エネルギーに変えようと主張する理由でもある。

再生可能エネルギーで地域間のエネルギー不平等を解消するため、報告書はエネルギー圏域を分け、圏域別に再生可能エネルギー電力自立率をできるだけ均等に達成することを提案している。電力消費量が多く、再生可能エネルギーの潜在量が少ない広域市の場合も、再生可能エネルギー設備をできるだけ増やすようにする。再生可能エネルギーで生産した豊富な発電量をカーボンニュートラルを達成するために貯蔵し、活用する技術に対する方策も支援されるべきだろう。

スペインは2027年から脱原発に着手し、2035年までに脱原発を完了することにした。2023年4月、ドイツが脱原発を達成したことは周知の事実だ。ドイツは2035年に再生可能エネルギー電力需要100%を法制化した。2023年にすでに50%を超えた。16の連邦州は2032年までに土地の2%を風力発電のために使うことにした。 特定の地域に風力発電が偏る問題や葛藤に対する解決策の一つだ。

私たちもエネルギー需要を減らし、2050年にカーボンニュートラルを達成すること、その過程で脱炭素と脱原発をすることが現実的に可能かと問われれば、むしろ現実の可能性を語る瞬間、私たちの足元は現在と限界に囚われているのではないか、と問い返したい。 達成したい目標が規範的であるとき、挑戦的な目標自体が変化の始まりだと、変化を夢見る者たちが質問し、答えを求める方法はそういうものだと言いたい。

引用元記事:ttps://x.gd/O2ZBd

ぜひ1日1回応援お願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバーからの反応です。

おそらくIMFが来るようだ。その時、企業も破綻し、国民も破綻し、税金が上がり、物価は天国まで上がるだろう

 

 

ユンの最善は、じっとしていること

 

【最大60%OFF】Kindle本 年末年始セール

 

次のページへ >

面白かったらぜひ応援お願いします↓

タイムセール情報はこちら↓

  • ●Amazonタイムセール
  • おすすめ記事

    その他のおすすめ記事

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    -政治, 韓国の反応

    アクセスランキング