歴史 生活 韓国の反応

韓国人「すでに400年前に西洋に外交使節団として行った日本人がこちら…」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事(非表示中)

支倉常長

徳川幕府初期の使節団の代表として太平洋を渡り、カリフォルニア・メキシコ・スペイン・フランス・ローマを航海し、様々な通商条約の締結に尽力した。

使節団の一行には武士、留学生、商人を合わせて100~120人規模。

当時の最強国スペインとローマ教皇庁と通商条約を結ぶという試みを見ると、アジアで最も国際情勢に明るかったことが分かる。

ローマ教皇庁から洗礼名としてドン・フィリッポ・フランシスコ・ファセクラという名前も授与される。

最終的に西洋との貿易許可書を持って日本に戻ってきたがちょうど江戸幕府が鎖国政策を展開し、カトリック迫害が続き、光を見ることができなかった。彼に従った多くのカトリック教徒が殉教した。これに失意の支倉は2年後に死去。

余談ですが

スペインに建立された支倉常長の銅像
セビリア近郊のコリア・デル・リオという小さな町には、使節団のうち侍、日本のキリスト教信者、船乗りなどが日本に帰らずスペインに残りました。
時が経ち、彼らの子孫と言われるXaponとJapónという姓を持つ人々700人以上がこの村に住んでいる。

引用元記事:ttps://is.gd/wDIMyG

ぜひ1日1回応援お願いします!

以下韓国の反応

以下FMKOREAからの反応です。

あの時代にすでに大規模な使節団を送るほどだったんだね…

 

 

ネットフリックスで映画になりそうなストーリーだねw

 

次のページへ >

面白かったらぜひ応援お願いします↓

タイムセール情報はこちら↓

  • ●Amazonタイムセール
  • TikTokフォロワーを1,000人増加します TikTokフォロワー増加の宣伝をします!保証あり!

    おすすめ記事

    その他のおすすめ記事

    -歴史, 生活, 韓国の反応

    アクセスランキング