政治 生活 科学 韓国の反応

韓国人「 オックスフォード大教授が福島の汚染水を1L飲んでも大丈夫と発言してるぞ…ブルブル」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事(非表示中)

福島汚染水の放流を前に不安と懸念が高まっている中、韓国原子力研究院・韓国原子力学会主催で今日(15日)記者会見が開かれました。

<低線量放射線の影響と福島汚染水論争_恐怖が飲み込んだ科学>というタイトルでウェイド・アリソンオックスフォード大学名誉教授、ホン・ソギ漢陽大学原子力工学科教授が参加しました。

アリソン教授は英国オックスフォード大学の名誉教授で、電磁放射線粒子や核物理などが専門分野です。40年以上、オックスフォード大学で物理学、特に放射線分野の教育と研究に尽力してきました。

以下、懇談会の内容をまとめました。 福島の汚染水の有害性に対する専門家の意見は現在まで様々であり、アリソン教授の発言は現場通訳の伝達内容に基づく個人的な意見であり、KBSの見解とは無関係であることをお知らせします。
==========================================

今日、私が生涯研究してきたテーマについて皆さんの前でお話しできることを光栄に思います。私は、英国でも議論されているテーマ、原子力コスト、廃棄物コストについてお話します。 そして、論争になっている日本の汚染水についてお話させていただきます。

原子力発電所を建設するためには多くの費用がかかります。 広い敷地が必要で、証明された設計、建設チームが必要です。原材料から必要なすべての資材を提供できるサプライチェーンが必要です。建設から生産に至るまで人手が必要で、年間のメンテナンス費用もかかります。

しかし、これらのコストは大きくなる必要はないと私は考えています。 大衆が原子力発電に関する十分な情報を得られれば、このような大きなコストは必要ありません。 設計だけを見ても、実は非科学的な規制、大衆の否定的な態度を克服するために努力してきました。 70年前は、恐怖と不信が原子力政治だけでなく、すべての業務を規制していましたが、規制が是正され、市場の力が発揮されれば、原子力を利用するためのコストははるかに低くなります。

原子力の危険性に関する主な問題は、「廃棄物をどうするか」です。食品に例えると、食品廃棄物が作られるわけで、安全に処理しなければ問題になります。環境にさらされると、飲料水を汚染させ、病気の拡散を助長する可能性があります。実際に人間は1日に1kg排出すると言われていますが、学校に行って最初に習うのは、これをどのように置き換えて扱うかということです。 もし私たちが一生の間に排出する量が1kgしかなければ、ほとんど問題ないでしょう。 安全に保管され、病気の広がりの原因でもなければ問題ないでしょう。

一人が一生使うエネルギーを原子力で供給されれば、必要なのは1kgの原料と1kgの廃棄物だけです。 そして、原発廃棄物はこのような処理がうまく行われています。現在、大衆のイメージが間違っているのですが、このような場合に問題が生じると思います。

太陽光や水力などは、ものすごく多くのエネルギーは作れません。100メートルの高さのダムと1千万トンの水エネルギーを見ると、核は1kgあれば同じことができます。風力や太陽光の場合は、断続的なため利用率が20~30%しかありません。

福島原発事故の時、放射線漏れによる死亡者はいませんでした。ただ、周辺地域の住民に出された紹介令によって1,500人が死亡しました。 この数字は、広島・長崎の原爆投下による放射線による死亡者の3倍にもなります。福島の放射線について誤った教育を行い、社会に恐怖を煽る話でしかありません。

原子力は化学エネルギーと同様に自然界の一部であり、敵国のバンカーで作られた邪悪なエネルギーではありません。 このようなことは、SF映画でしか出てこない話だと思います。 アガサ・クリスティの小説でも殺人事件が起こるように見えますが、それはフィクションであり、現実の世界では原子力の大きな助けを受けており、活用すればメリットがあります。今、私たちは子供たち、未来の世代のために、原子力に関する教育をきちんとしなければなりません。 そうすれば、深く考えない政治家たちの核爆弾のような恐怖を感じないようになるでしょう。

最後に福島の汚染水についてお話します。 私は今、目の前に1Lの希釈されていない福島の水があれば、すぐに飲むことができます。もしその水を飲んだと計算してみると、自然レベルの80%レベルしか放射線量が上がりません。 アルゼンチン、イラン、インドなど他の地域に行ったときの被曝量の100分の1もないでしょう。 その地域に住んでいる方が癌に苦しんでいるとは思いません。 むしろ私たちより安全かもしれません。
=================================

[質問] 希釈されていない汚染処理水は自然レベルの80%で放射線が上がると言っていましたが、具体的な根拠はありますか?

[回答】私たちの身体は常にある程度の放射能を持っています。kgあたり100ベクレル。このような基本的なものに加えて、福島汚染水のトリチウムを合わせると、基本的な数値の80%まで上がるということです。

[質問】トリチウムが人体に与える長期的な影響はあまりないと言われていますが、それについての見解はどうですか?

[回答】トリチウムも水素の一種です。水と一緒に洗い流され、半減期が12年と言われていますが、体内では12~14日後にはすべて排出されます。問題は、私たちが何らかの事柄について安全だと安心させるのは、面白い話ではないということです。 むしろ心配させなければ、人々は興味を持ちません。 そんなものは007の小説に存在します。現実と小説は区別する必要があります。

[質問】福島の汚染水サンプルを直接検証していませんが、異常がないと確信していますか?

[回答】確信できない理由はありません。 火事や自動車の危険性について、そうではないという安全性を実証的に示したのと同じです。原子力も新しい技術ではなく、マリー・キュリーもそれを理解し、よく示しました。 イランのように放射能が多く被曝する場所でも、がんなどの病気で苦しむ人はいませんでした。原子力は安全だと話しています。

[回答/ホン・ソギ教授] 汚染水も核分裂生成物質の量を計算することができ、その物質がすべて溶けたとしたときの濃度を評価することができます。濃度を仮定して多核種除去設備(ALPS)で浄化した場合、そのようなことは十分に計算可能です。

[質問】福島に行く私たち視察団は、何を検証するのですか?

[回答]視察団が確認する部分は、トリチウムを除いて水に他の汚染物質がないかを確認する必要があります。三重水素も害はないと言えますが、他の放射線、ストロンチウム・セシウムなどのフィルタリングの有無を見る必要があります。 例えば、ブラジルのボヤミヤ施設での事件があります。当時、放射線流出により子供たちが被爆して死亡したのですが、4人が死亡し、被爆した人は70人でした。 この時、死亡した方は被爆による癌ではなく、恐怖心や副次的な要因で死亡したものと思われます。放射線が癌を引き起こす物質とは言えません。

[質問】そんなに安全なら農業用水に使えというのに、なぜあえて海洋に放流するのですか?

[回答】最も簡単な方法であり、最もコストがかからないからです。 一部では、恐怖感から安全にするためだと考えていますが、すでに安全なものに対して、もう少し安全に努力することです。 子供の手をつないで道を渡るときに、安全だと教えてあげたほうがいいですよね。 ただの措置では、安全ではないと思われてしまいます。教育することが重要だと思います。

[質問】国際放射線防護委員会は年間被曝量を1ミリシーベルトとしていますが、現実的に韓国は5.8ミリシーベルト被曝していると言われています。 人体が放射線の被害を受けないレベルは年間何ミリシーベルトだと思いますか?

[回答】私もその答えを出すために努力し、最近出版した本の内容に含まれています。どの程度の線量が安全かというのは、線引きが難しいです。 高速道路の速度制限をどの程度にすべきか、それと同じような状況です。国際放射線防護委員会は、安全をビジネスとしている機関です。 このような委員会は、放射線が悪いという前提から出発します。例えば、休暇先で日焼けをするときに太陽から出る紫外線が放射線の一つです。紫外線を浴びすぎるとガンを引き起こすということはわかっています。 だからといって、外に出ずに家にいるわけではありません。

[質問] 原子力に対する恐怖心はどのような努力で取り除くべきですか?

[回答】韓国だけでなく、他の国にも当てはまる質問です。 日本は反原発感情が解消されています。最も重要なことは人を信頼することです。 韓国の視察団が日本に行って汚染水を確認するのであれば、日本の言うことを信頼しなければなりません。 そうでなければ、質問を通して言わなければなりません。 日本は誠実な発言をしなければなりません。原子力が商業的に利用するのに法律が制約を与えています。未来を見据え、気候変動を経験する将来を考慮して規制を変えなければなりません。

[回答/ホン・ソギ教授] 原子力学会が制作する動画資料があり、YouTubeで様々な活動をしています。国民が関心を持ち、情報にアクセスして勉強する必要があると思います。

[質問】セシウムなどを確認する必要があるとありましたが、視察団は多核種除去設備(ALPS)を必ず点検しなければならないのでしょうか。

[回答】確認すべきは日本の政策です。どんなことをするとき、商業的に成功することを示すかを信頼しなければなりません。原子力も別に扱う理由はありません。 別々の問題でもなく、別に測定する問題でもありません。

[質問] 核爆発で流出した放射能汚染と福島で流出した放射能量を比較すると、どの程度差が出るのでしょうか。

[回答】チェルノブイリ事故とイギリスの核実験を比較したことがありますが、チェルノブイリの放射線被曝がはるかに低かったです。 福島の放射線量ははるかに少ないです。チェルノブイリも少数しか死亡せず、50人以下と聞いています。チェルノブイリは、核実験と比較しても放射線被曝が低いことが確認されています。 核兵器は、その威力のために恐怖心を引き起こし、それを取り除くのは容易ではありません。

[質問】韓国視察団の4日間の日程は十分だと思いますか。

[回答】信頼があれば、4日間も必要かどうか分かりません。 日本が数値を提供しており、そこに問題がないように見えるので、時間は十分です。

[質問】海洋放流は初めてのことですが、汚染水にさらされた魚などを摂取するのが問題でしょう。 副作用はどう思いますか?

[回答】まず三重水素は体内に蓄積することはありません。 たとえ蓄積したとしても、簡単に分離することができます。人だけでなく、海洋生物もそうです。蓄積する核種はあります。1920年代にセシウムラジウムなど工業用に使用した物質に放射線物質があった事例があります。1926年に判明し、それ以降、使用されなくなりました。

[質問】低線量の放射能も長期的には問題があるという論文も多いですが、人体には全く無害ということですか?

[回答】人体は損傷がある場合に回復できるように進化してきました。 人は常に放射線にさらされており、細胞が置換され、うまく進化しています。細胞とDNAがすぐに修復できるメカニズムを持っており、損傷を受けた後、数週間以内に治療されるように体が作られています。生物学的にそのように設計されており、長期的に行われると脳が知らなくても細胞単位で修復できるように反応します。短期間で損傷を受けると、その細胞はすぐに適応できずに死んでしまうのですが、それが放射線治療です。私は物理学者として、細胞、生物学的な観点から私たちの体が反応するのを見て感銘を受けます。

[質問] 新たに排出される汚染水にすでに排出された汚染水の量まで考慮しなければ、正確な危険性を確認できるという主張は?

[回答] 私は希釈していない水でも飲める、安全だと言っています。希釈するというのは、すでに線量が少ない放射線ですが、安全だと感じる次元であり、希釈も大きな意味はないと思います。

[質問】もう一度質問します。教授が視察団であれば、どのようなことを確認するのか具体的に説明してください。

[回答】事実関係、それ以上でないと信頼できません。対象をよく理解することが必要でしょう。 信頼を持つことが必要です。

[回答/ホン・ソギ教授】原則的には、直接行って測定して許容限界を超えるものがあるかどうかを見るのが最も確実な方法でしょう。 両国の政治家が制度的に行う部分であり、重要なのは放射性核種を私たちが濃度を測定することでしょう。

[質問] 信頼より科学が先行していると思いますが、日本は汚染水に関する数値だけを提供し、直接確認させないのですが、どう思いますか?

[答え] 放射線が身体にどのような影響を与えるか、すでによく知っているし、生命に影響を与えないことを知っているので、これに集中すべきです。 日本政府が嘘をついているかどうかを確認する必要があります。 私は汚染水も飲料水として飲んでもいいと思うので、日本政府は信頼できます。大きな海に放流するので、生命に影響はありません。 日本政府を信頼して、そのまま受け入れ、判断してはいけないと思います。

[回答/ホン・ソギ教授】核種は自然界にすでにあるもので、汚染水の数値が許容範囲内にあるかどうかが重要です。実際に海水にもウランがあり、海水からウランを抽出する技術もあります。海に核種がある以上、今の状況は問題ないと思います。

[質問】多核種除去設備(ALPS)が故障したにもかかわらず、汚染水を放流することもありましたが、どのように日本を信頼しますか?

[回答] ある政府が他の政府を信頼できないことは常に起こります。原子力も、汚染水も同じです。日本政府は多核種除去設備(ALPS)を成功させましたが、私はこれさえ不要だと思います。 海で希釈されるだけで十分だと思います。 信頼を得ようとしすぎた結果、このような事態を招いたのです。 むしろ、きちんと教育されていれば、このような結果はなかったでしょう。 世界の政治学を見ると、科学による問題よりも、信頼の欠如から生じたものが多いです。

[質問】アリソン教授は、希釈されていない水も飲料水として可能だと言っていますが、ホン教授も同意しますか?

[回答/ホン・ソギ教授] 希釈のどの時点が重要ですが、アリソン教授の言葉の趣旨であれば、私もほぼ同意します。希釈されたのは、原子炉から出た後に今保管している汚染水の話ですが、その程度。

[質問】教授のお話は、原子力研究院と原子力学会が合意して用意したものですか。 一般的に人々が感じたときに、汚染水を飲料水として飲むというのはやり過ぎではありませんか。

[回答/ホン・ソギ教授】数値に基づいたメモになっています。浄化されていないものも飲める、私はこの部分の専門家ではないので、飲めるというのは確認する時間が必要です。 多核種除去設備(ALPS)を通過して処理された水は、私は飲めると思っています。

[回答】このようなことを言ってくれと頼まれたわけではなく、私の考えを素直に言えると思います。 私の個人的な所信を申し上げます。

[質問】科学ジャーナリストはデータで語らなければなりません。国際基準はいくらなのに、福島タンクの放射能量はいくらですか。 飲んでも大丈夫という根拠は何ですか?

[回答] 科学的な内容をすべての人が理解できるように作成し、提供することができます。 遅くとも1週間以内に提供します。 言った数値は1リットルは飲めるということでした。 イラン、ブラジルと比較した時には低い数値なので、数百リットルも可能だと言えます。

引用元記事:ttps://is.gd/NvQRuC

ぜひ1日1回応援お願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバー からの反応です。

そうなんだ..じゃあ飲める水をなぜ海に捨てるの? 飲料水にも使えるし、作物を育てるのにも使えるし、工業用水にも使えるのに...。どうか説得してください...... その水を海に捨てないでください....。

 

 

1年くらい飲み続けてみればわかるよ。

 

次のページへ >

面白かったらぜひ応援お願いします↓

タイムセール情報はこちら↓

  • ●Amazonタイムセール
  • おすすめ記事

    その他のおすすめ記事

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    -政治, 生活, 科学, 韓国の反応

    アクセスランキング