生活 経済 韓国の反応

韓国人「7鉱区が日本領海へ編入の可能性…韓国の『産油国の夢』奪われる…ブルブル」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事(非表示中)

2028年韓日共同開発期限が満了すれば大陸棚第7鉱区が日本領海に入る可能性が高まっている。 朴正熙(パク·チョンヒ)政権時代、韓国領海と宣言し、日本と共同開発に合意したが、目の前で奪われる危機に直面したのだ。

7鉱区は済州道南側と日本九州西側の間の海域で、面積は韓国領土の80%程度である約8万2千㎢だ。 ソウルに比べても124倍に達する広大な規模を誇る。 同海域に相当量の石油が埋蔵されているだろうという研究結果が出て、一時、全国民が動揺した。 「石油一滴も出ない」韓国ではまさに「大当たり」事件だった。

◆ 「産油国の夢」抱かれた大陸棚第7鉱区。

1968年、国連アジア開発委員会は西海·南海大陸棚探査後、「台湾から日本沖縄に至る東シナ海に世界で最も多くの埋蔵量の石油資源が埋蔵されている可能性が高い」という内容の「エメリー報告書」を発表した。 2004年、米国国際政策研究所「ウッドロウ·ウィルソン·センター」も「東シナ海天然ガス埋蔵量がサウジアラビアの10倍に達するだろう」と推定した。

朴正熙(パク·チョンヒ)政権は、「産油国の夢」をかなえてくれるかも知れない7鉱区をめぐり、日本と激しい神経戦を繰り広げた。 1970年6月、朴元大統領は「海底鉱物資源開発法」を公表し、第7鉱区の領有権は韓国にあると宣言した。 当時、国際海洋法上では韓国が所有権を主張するのに有利な面があった。 7鉱区は地理的に日本と近いが、韓国大陸棚とつながっており、これを根拠に日本に対抗して所有権を主張することができたのだ。

問題は技術とお金だった。 石油探査の余力が足りなかった韓国は1978年6月22日、第7鉱区を「韓日共同開発区域(JDZ·Joint Development Zone)」と定め、この海域を日本と共同開発するという「韓日大陸棚共同開発協定」(以下協定)を結んだ。 期限は50年後の2028年6月22日までに、「探査とボーリングは必ず両国が共同で遂行しなければならない」という但し書き条項がついた。

ところが、日本は1986年、経済性が落ちるという理由で突然開発中止を宣言した。 突然で一方的な宣言だった。 単独開発を進めることはできないという条項のため、韓国の開発の試みも一緒に縛られてしまった。 その後、日本は探査をはじめ共同研究まで中断すると宣言した。 開発に参入できる道自体が封鎖され、7鉱区は30年以上放置された。

◆ 協定満了時に日遊離…●韓中日多国間紛争の可能性も

しかし、日本はむしろ残念ではないというのが専門家たちの解釈だ。 条約が満了する2028年まで待つだけでより有利な立場を占めることができるからだ。 1983年に発効した国連国際海洋法人「200海里排他的経済水域」がその根拠だ。 これによると、過去の国際法とは異なり、陸地での距離が大陸棚所有権の基準になる。

1985年、国際司法裁判所(ICJ)も大陸棚の境界について、陸地から続く延長線ではなく陸地からの距離が基準になるという決定を出した。 この判例によると、第7鉱区からの距離が韓国より近い日本がはるかに有利になる。 条約が満了すれば、7鉱区の90%ほどが日本に渡るだろうという観測が誇張ではないわけだ。

一方、韓国は勝負をする時間が多くない。 条約満了期限が2028年だが、条約の相互延長や破棄通知期限が2025年までという点を考慮すれば、条約の実効は実際には3年も残っていないためだ。

韓国政府は09年、韓国側の造光権者に韓国石油公社を指定した後、日本側に造光権者の指定を要請したが、日本は造光権者を選定しなかった。 政府は2020年1月、韓国石油公社を7鉱区2·4小区調光権者に再度選定したが、日本は最近まで調光権者選定さえせず開発中断の立場を固守している。

韓中日多国間外交紛争に飛び火する可能性も排除できない。 政府が消極的に対応すれば、協定満了後、韓日両国間の共同開発交渉に中国が加わるものとみられる。 中国は00年代に入って、東シナ海油田の開発に積極的に乗り出している。 2008年、中国は7鉱区のすぐそばで油田を発見した。 昨年3月、西海(ソヘ·黄海)の韓中暫定措置水域で、中国がボーリング施設を設置していることも明らかになった。

◆ ●協定満了前に多角的に解決策を模索

政界と学界では協定が満了する前に政府が多角的に対応策を講じるべきだと注文している。 韓半島周辺の大陸棚で石油を獲得するための日本と中国の水面下での競争が展開されている状況で、手をこまねいてはどうしようもなくやられるという指摘だ。

国会産業通商資源中小ベンチャー企業委員会(産資委)所属の朴ヨンスン共に民主党議員(大田大徳区)は、「エネルギー安全保障や経済的側面で重大な事案であるだけに、条約の延長に政府の力量を集中しなければならない」と指摘する。

米国とエネルギー同盟を結び、外交解決策を見出さなければならないという診断も出ている。 安世鉉(アン·セヒョン)ソウル市立大学国際関係学科教授は今月3日、「2023経済学共同学術大会」で、「米国とエネルギー同盟を結び、海外資源の確保に気を使わなければならない」とし、「第7鉱区問題も米国を引き入れて韓国に有利な方向に持ち込まなければならない。 韓国は米国と自由貿易協定(FTA)を結んでおり、日本よりエネルギー同盟を結ぶのにはるかに有利だ」と指摘した。

産資委所属の金ギョンマン民主党議員(比例)は、「韓国が第7鉱区と隣接した第4、5鉱区でも開発し、日本の共同開発を迂回的に誘導しなければならない」と主張している。 韓国が所有権を持っている4、5鉱区で石油が開発されれば、日本を刺激できる誘引策になるということだ。

金議員によると、韓国石油公社は「広開土プロジェクト」という名前で4、5鉱区を含む西海付近の油田開発を検討している。 ただし、1~2年間の探査期間を経て石油埋蔵量が確認された後になってようやくボーリング段階に移ることができると展望される。

金議員は「大韓民国は原油自給率がほとんど1%にも満たないため、事実上エネルギー戦争で少しでも優位を占めるためには、我々自らが開発できる環境を整えなければならない」とし「埋蔵量が最も高い7鉱区は両国が共同で開発しなければならないという約定があるため、単独開発が難しいため、4、5鉱区など周辺でも開発して日本を動かす支援法が必要だ」と主張した。

引用元記事:https://is.gd/R4QgWP

ぜひ1日1回応援お願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバーからの反応です。

1:韓国の反応

独島問題より重要なのが第7鉱区です。 埋蔵量が向こうで調査したものがありますが、我が国が今後100年食べていける量だそうです

 

2:韓国の反応

我々だけの独断的な方法を一日も早く見つけて実行に移さなければならない。

次のページへ >

面白かったらぜひ応援お願いします↓

タイムセール情報はこちら↓

  • ●Amazonタイムセール
  • TikTokフォロワーを1,000人増加します TikTokフォロワー増加の宣伝をします!保証あり!

    おすすめ記事

    その他のおすすめ記事

    -生活, 経済, 韓国の反応

    アクセスランキング