歴史 韓国の反応

韓国人「味噌の起源は韓国だった…」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事(非表示中)

昔、日本では味噌を高麗醤と呼んだ。 日本語の「味噌」が韓国語から由来したという説もある。 660年、羅唐連合軍の侵入を受けて百済が滅亡すると、多くの百済人が日本列島に移住したが、移住者の中で味噌を漬ける職人が多かったのではないかと推測される。 韓半島の政治的激変が日本の食文化に影響を与えたわけだ。 日本で味噌は最初は食べ物に塗って食べた。 室町時代になって味噌汁が登場し、江戸時代に入って庶民にも普遍化した。

日本書紀によると、610年、高句麗の僧侶、曇澄が日本に石臼を持ち込み、穀類にする粉食を教えたという。 その前まで日本では米のような穀物はすべて穀物として食べていた。

北海道教育大学教授を務めた歴史学者の著者が、日本の食文化史をまとめた。 寿司や天ぷら、カレーライスなど、私たちにも馴染みのある様々な日本料理の歴史を読む楽しさがある。

肌寒い日に食べるうどんは、日本と唐の交流過程で出現した。 日本は630~894年、190回余りにわたって外交使節である遣唐使を派遣した。 うどんはもともと遣唐使が持ち込んだ「訓屯」という中国式餃子スープだったという。 小麦粉団子に豆や餡を入れて煮込んだもので、沸騰する団子がくるくる回りながら慌ただしいと言って付けられた名前だという。 食べ物なので、三水辺が墨食辺に変わり、「坤統」と呼ばれ、熱く食べるという意味で「温統」になり、再び今の「うどん」に変わった。

旅館宿泊のもう一つの楽しみである懐石料理は、禅僧によってお茶とともに日本に伝わったもので、元々はスープ一つとおかず二、三つで構成された素朴な料理だった。 そうするうちに織田信長と豊臣秀吉が政権を握った安土桃山時代(1568~1603)になり、豊かな食材を惜しみなく用意した大名の料理に変わった。 日本旅行前に読むと、食事の時に話題が盛り上がりそうだ。

引用元記事:https://is.gd/O1uRfX

ぜひ1日1回応援お願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバーからの反応です。

1:韓国の反応

彼らは歴史歪曲の天才たち…

 

2:韓国の反応

先進文化は高いところから低いところに流れる

次のページへ >

面白かったらぜひ応援お願いします↓

タイムセール情報はこちら↓

  • ●Amazonタイムセール
  • TikTokフォロワーを1,000人増加します TikTokフォロワー増加の宣伝をします!保証あり!

    おすすめ記事

    その他のおすすめ記事

    -歴史, 韓国の反応,

    アクセスランキング