生活 韓国の反応

韓国人「日本が開発して国際標準化されたもの3つを紹介!」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事(非表示中)

1.絵文字
まず「絵文字と顔文字の違いは何?」と気になる人たちに
( ´༎ຶㅂ༎ຶ`) これが顔文字で、上の写真が絵文字だ。
絵文字は1999年、NTTドコモが作って携帯電話メッセージに使えるようにした。
NTTドコモを皮切りにソフトバンクをはじめとするすべての日本通信社で個別に絵文字を作った。
iPhoneが日本に発売されたことでアップルにも絵文字が普及し、2010年ユニコード6.0に絵文字が収録され標準化された。

2.非常口ピクトグラム
非常口表示板は過去にはEXITや漢字など文字を書いて表示するのが普通だったが、
1972年の千日デパート火災の時、非常口表示灯を識別できず、人命被害がさらに大きくなったという主張が提起されたことを受け、日本政府が公募展を行い、上記のようなデザインを
国際標準化機構に提出、ソ連が提出したものと競争の末、日本が提出したものが国際標準案に選定される。

3.QRコード
上げたQRコードは、フェムコ接続QRコード
QRコードはバーコードの限界(長さ、数字、英語のみ使用可能)を克服するため、1994年に日本のデンソーウェーブで初めて開発·普及した。
初期は先端技術だと言って一瞬だけ輝いていたが、その後姿を消したが、
新型コロナウイルス感染症を基点に防疫パスにも使われ、マーケティングにORコードを積極的に活用するなど、
活用先が多くなっている。

引用元記事:https://is.gd/omQlnl

Twitterのフォローもお願いします!

以下韓国の反応

以下イルベからの反応です。

1:韓国の反応

おお、これは知らなかった

 

2:韓国の反応

全部なくてもいいものだね

次のページへ >

面白かったらぜひ応援お願いします↓

タイムセール情報はこちら↓

  • ●Amazonタイムセール
  • TikTokフォロワーを1,000人増加します TikTokフォロワー増加の宣伝をします!保証あり!

    おすすめ記事

    その他のおすすめ記事

    -生活, 韓国の反応

    アクセスランキング