生活 韓国の反応

韓国人「マンハッタンを見ると驚くべき光景が!まるで韓国の華金のようだ!」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事

当サイト人気記事

今、国内食品·外食業界の話題は米国だ。 人気急上昇中の「Kフード」で、誰もが現地事業の拡大を検討中だ。 今年に入ってデサン(LA·キムチ)農心(ランチョ·ラーメン)が現地工場を竣工したのをはじめ、「現地生産設備準備を検討中の企業が10社近くになるだろう」という話が業界から出ている。

ある外食業者の最高経営者(CEO)は「半導体、電気自動車バッテリーなどのようにグローバルサプライチェーン再編と関連がある業種でもないので、米国側の圧力のようなものがあったはずがない」として「相当数の業者が現地需要が急上昇し輸出では対応が難しく直接進出を考慮している」と説明した。

本当にその程度だろうか。 先月末、出張目的で訪問した米ニューヨーク·マンハッタンで、米国内のKフード人気の一端を垣間見ることができた。 先月30日(現地時間)午後7時、米ニューヨーク·マンハッタン32番街。 「Kフード通り」とも呼ばれるここは、「華金」を迎え、韓国料理を楽しみに来た人々でごった返した。
韓国から来た留学生や駐在員もたびたび目についた。 しかし、売場内の大半は現地人だった。 スンドゥブチゲからホルモン鍋、カルビチムまでないものがないKフード街で特に人気の高いメニューの一つはチキンだ。
BBQマンハッタンKタウンのイ·ジェウォン店長は「金曜日と週末には普通売り場の外までお客さんの待ち行列が続く」と紹介した。 実際、この日BBQマンハッタンKタウン店には売場地下1階から始まった待機列が店舗外まで長く続いた。
韓国のビアホールの雰囲気を生かした売り場のテーブルのあちこちには焼酎·ビール瓶で一杯だった。 チキンをつまみに焼酎とビールを混ぜて飲む酒がKコンテンツによく登場するや最近「焼酎ビール」を探す外国人が大きく増えた。 韓国アイドルStrayKidsのファンというラクシー·ビティアル(23)は「ネットフリックスを通じて接した韓国コンテンツに出てくるKフードを好奇心で食べ始め、今はチキンが一番好きな食べ物になった」と話した。

BBQが米国消費者の味覚を虜にしたメニューはヤンニョムチキンだ。 韓国ではオリジナルフライドチキンが他のメニューに比べて人気が高いが、米国では現地人の好みに合わせて開発したハニーガーリック、ソイガーリック、スパイシーなどヤンニョムメニューが飛ぶように売れている。

米国市場の特殊性を考慮して「グラブアンドゴー(Grab&Go)」方式を導入したのも人気の秘訣だ。 グラブアンドゴーはチキン調理が終わるまで待たなければならない韓国式テイクアウトとは異なり、温蔵庫にあらかじめ揚げたチキンを陳列しておき、消費者が注文と同時に持ち出せるようにしたシステムだ。 BBQが米国市場攻略のために新たに導入した。

06年に初めて米国に進出したBBQは現在、カリフォルニアやワシントン、テキサス、ハワイなど米国20州に進出し、150あまりの店舗を運営している。 最近、Kフードの人気が高まり、店舗拡張には火がついた。 ジェネシスBBQのキム·ヒョンボン米国法人長は「米国現地加盟の問い合わせが相次いでオープンする準備中の店舗だけで100店舗を越える」と話した。 2019年2800万ドル(約400億ウォン)にとどまったBBQ米国の売上は、今年約7600万ドル(約1100億ウォン)で3倍近く増える見通しだ。

チキンと同じくらい米国で人気を集めているのが韓国式パンだ。 SPCグループが運営するベーカリーブランド「パリバゲット」は、マンハッタン地域だけで13店舗を運営している。 パリバゲットのパンは米国現地で「きれいなデザイン」で人気を集めた。 クロワッサンとベーグルはもちろん、クァベギとあんぱんなど韓国固有の商品もベストセラーになっている。

パリバゲットマンハッタンブロードウェイ店で会ったジャッキー·ウィング(34)は、「パリバゲットのパンは、粗悪な米ベーカリーチェーン店の商品とは違って、デザインがきれいで見やすく、味も良い」とし、「種類が豊富で、選んで食べる楽しみもある」と話した。 パリバゲットは米国フランチャイズ専門誌フランチャイズタイムズが選定し、最近発表した「2022フランチャイズ企業トップ500」昨年より13ランク上昇した25位に上がった。

COVID-19が収まり中堅·大企業に続き中小外食業者もKフード上昇の勢いに乗る準備をしている。 韓国農水産食品流通公社の「2021年外食企業海外進出実態調査」によると、海外進出を検討している外食業者のうち37%は2022年を希望進出時期として挙げた。

海外進出を希望する外食企業の中では、トッポッキなどを主力メニューとする粉飾業種が最も多かった。 外食業界関係者は「Kコンテンツの興行がトッポッキとのり巻き、チキンなど私たちの日常でよく味わえるKフードの人気につながっている」と話した。

引用元記事:https://is.gd/PDGC4S


Twitterのフォローもお願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバーからの反応です。

1:韓国の反応

ニューヨーク購買力水準では3万ウォンチキンが可能なのか? これを機に海外に集中しよう

 

2:韓国の反応

もし赤字だったら我が国で値段を上げればいいね…

次のページへ >


面白かったらぜひ応援お願いします↓

おすすめ記事

その他のおすすめ記事

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。


-生活, 韓国の反応

アクセスランキング