韓国の反応

「人が食べられない辛さ」酷評されたラーメン…海外で人気突風=韓国の反応

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

当サイト人気記事

 

三養食品が「プルダック炒め麺」輸出好調により創業以来最高の全盛期を迎えている。

30年ぶりの新工場である密陽生産基地の稼動が本格化し、売上に占める輸出比重は70%近く上昇しており、今年史上最大の実績を達成するだろうという期待が出ている。

31日、関連業界によると、三養食品が5月に密陽市富北面に竣工した密陽工場稼働率は現在80~85%まで上がった。 来月には密陽工場で容器面と乾麺ラインを追加稼動し、全体生産ラインが戻るものと予想される。

三養食品関係者は「輸出専用生産基地である密陽工場でプルダックポックンミョン袋麺に続き容器麺生産まで準備している」として「年間最大6億個のラーメンを追加生産し、今より生産量が50%増える」と説明した。

三養食品は原州、文幕、益山工場に続き、第4工場である密陽工場を5月に竣工した。 三養食品が工場を設立したのは原州工場以来30年ぶりのことだ。

三養食品が2400億ウォンを投入して密陽工場を建てた理由は、海外で増えているプルダックポックンミョンの需要に合わせるためだ。 プルダック炒め麺は2012年発売当時「人が食べられないほどの辛さ」という酷評を受けた。

しかし次第に辛さを楽しむマニア層に口コミが広がり、海外でもYouTuberやソーシャル·ネットワーキング·サービス(SNS)等を通じて「辛さチャレンジ」等で突風が吹き、10年間人気が続いている。

プルダックポックンミョンは農心とオットゥギにかなり遅れていた三養食品を起死回生させた目玉商品として定着した。 三養食品の売上は2016年3593億ウォンから昨年6420億ウォンへと5年間で2倍近く跳ね上がった。

特に輸出が急増し、2016年26%だった売上対比輸出比重は昨年60%を突破した後、今年第1四半期66%まで上がった。

密陽工場での輸出物量が増え、輸出比重はこれよりさらに大きくなる可能性が高い。 中国と東南アジア、北米など既存の輸出地域の他にも中東、南米、インドなどへの輸出が本格化しているためだ。

証券業界では三養食品が輸出増加で今年史上最高の実績を出すだろうという見通しが出ている。

ユジン投資証券のキム·セヒ研究員は「三養食品の今年の売上高は7500億ウォン、営業利益844億ウォンで過去最大の売上高を達成するだろう」と展望した。

ただし、プルダック炒め麺に対する売上依存度があまりにも高いうえに後続人気製品が出ておらず、今年第1四半期基準でプルダック炒め麺の売上比重は68.7%に達する。

引用元記事:https://is.gd/NpLYhf


Twitterのフォローもお願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバーからの反応です。

1:韓国の反応

なんかお腹空いてきたw

 

2:韓国の反応

YouTubeとSNSの最大の恩恵製品ではないかと、有名なグルメ番組で披露されて、世界的にも有名になった。

次のページへ >


面白かったぜひ応援お願いします↓

おすすめ記事

その他のおすすめ記事

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。


-韓国の反応,

アクセスランキング