科学 韓国の反応

アップルカー、未来志向のデザイン… ハンドル·ブレーキペダルなし=韓国の反応

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

当サイト人気記事

 

ITメディアのThe Informationによる報道
アップルが電気自動車プロジェクト「タイタン」を稼動してから約8年が経った。 プロジェクトが始まった後、核心人材の頻繁な離脱と多様な技術的挑戦のために色々な試練を経験したが、2025年発売目標は変わらない。

米ITメディアのThe Informationは11日(現地時間)、消息筋の話としてアップルが開発中の電気自動車プロジェクトに関する情報を紹介した。

報道によると、アップルカーのデザインはフォルクスワーゲンビートルの屋根に似た曲線型天井を備えている。 また、搭乗者が顔を見て座って対話できるように、4つの座席が内側に向かっている構造になっていると、同メディアが伝えた。

特にアップルはトランクを簡単に使えるようにするために上下するトランク客室も実験中であり、自動車シートの後ろに隠れていて、使用時に自動的に降りてくる大型スクリーンについても議論しているという。

アップルは伝統的なハンドルやブレーキペダルのない自動車を作るため、米国道路交通安全局(NHTSA)の承認を待っている。 また、プロジェクトチームは乗客が車で横になって寝ることができるように許容することについても議論したと主張する。

これを通じて今後アップルカーの姿は内外のデザインともに未来志向的なデザインを採択するものと期待できると外信は伝えた。

アップルの元デザイン責任者であるジョニー·アイブもアップルカープロジェクトにコンサルタントとして引き続き参加したと、該当メディアは伝えた。 2019年アップルを離れ独立デザイン会社ラブプロムを設立したジョニー·アイブはアップルカープロジェクトチームに「変なデザインに頼ってセンサーを隠そうとしてはならない」と助言したと知られた。

また、アップルカーの発売が近づくにつれ、アップルはテスト走行中にアップルカーの最新プロトタイプを大衆に偽装する方法を議論しているという。 しかし、この車両は発売まで数年かかる可能性があるとディインフォメーションは伝えた。

だが、核心人材の頻繁な離脱と高い離職率などによりアップルカープロジェクトに対するアップル内部の視線は良くないと知らされた。

特にアップルソフトウェアエンジニアリング担当首席副社長Craig Federighiはアップルカープロジェクトについて「特に懐疑的」と知らされた。

引用元記事:https://is.gd/jkwGFU


Twitterのフォローもお願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバーからの反応です。

1:韓国の反応

もううんざり。こんな内容の記事は一体何年も口にしているのか。 車は人命がかかってるから、テキトーに出せる製品ではない。他社と似たような車両を出すなら、今後数年後には何とか発売できるだろうけど、数年後にもおそらく今のように内部的にあれこれいじってばかりいると思う

 

2:韓国の反応

ハンドルとブレーキペダルをなくすということはテスラが目指す100%自動運転を意味するが、アップルで自動運転に対する技術力が備わっているのか疑問だ。

次のページへ >


面白かったぜひ応援お願いします↓

おすすめ記事

その他のおすすめ記事

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。


-科学, 韓国の反応

アクセスランキング