歴史 生活 韓国の反応

韓国人「実は日本ではなく韓国が元祖の食べ物3選…」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事(非表示中)

味噌
味噌を最初に作った国はどこだろうか?この質問に答えるためには、味噌を作るメジュ豆の原産地をまず調べなければならない原産地を満州と見る学界の理論上、醬文化が満州で生まれた可能性が高い。
ほとんどの発酵食品のように、大豆栽培地で自然に醬ができたとすれば、すでに紀元前1,500年前の青銅器時代から醬の原型があったと推測できる。実際、豆、小豆、キビが紀元前1300年頃の青銅器遺物と一緒に出てきており、中国の三国志には「高句麗が*贓釀を得意とする」という記録がある。高句麗の流民が渤海を築いた直後の7世紀末には、すでに味噌が渤海の名物として広く知られていた。
高句麗人は味噌を作る方法を隣国である中国と日本にも伝えた。8,9世紀頃、味噌が韓国から日本に渡ったという記録が多く残っている。代表的な記録は東雅(東雅)に「高麗の醬である末醬(末醬)が日本に来て、その国の方言で味噌と呼ばれている」と記録されている。
中国などの文献をみても、末醬を紹介しながら「外国から渡来した」という表現を使っています。文献や様々な状況から、味噌は韓国から中国と日本に伝わったものであることが分かる。

海苔
海苔を作り、食べ始めたのは、歴史的にも記録上も日中韓では韓国の三国時代が最初だった。 また、今でも海苔を最も多く生産し、輸出する国もやはり韓国である。
韓国の場合は、少なくとも三国時代から海苔を食べていたと見なければならない。海苔を漢字で海衣または海苔と言い、文献上初めて登場したのは高麗忠烈王の時に一然(イルヨン)僧侶が編纂した三国遺事で、新羅時代から「海苔」を食べたと伝えられている。また、明代に編纂された博物辞典である本草綱目には「新羅の深い海の中で採取し、腰に紐を結び、深い海の中に入って採取する。4月以降は大魚が現れ、傷つけるので採取ができない」と伝えられている。
海苔養殖に関する最初の文献は、1424年に編纂された慶尙道地理志である。河東郡地域の伝承によると、'約260年前、あるおばあさんが蟾津江河口で貝類を採取していたところ、海苔がたくさん着生した木片が流れてくるのを発見し、そこに付いている海苔を摘んで食べてみたところ、とても美味しかったので、その後、竹の木を水中に立てて人工的に海苔を着生させたことに由来する'という。


三國史記・三國遺事には、ユリ・イサギムとソクタルヘが餅を噛んで歯の多い人が王になることになったという記録があり、高句麗の東天王の母の娘がチュトンチョンまで逃げた豚を餅で誘惑して捕まえたという記録があるので、韓国では三国時代にもあった食べ物と思われる。

引用元記事:ttps://is.gd/f6mDBo

ぜひ1日1回応援お願いします!

以下韓国の反応

以下イルベ からの反応です。

日本は海が圧倒的に大きいけど、海苔の生産量は我が国の方が多いそうで、海が大きくて穏やかでなければ養殖がうまくいかないと言われていて、日本は台風で全て流されるほどだ。

 

 

我が国が汚い食文化を広めたんだね。

 

Kindle Unlimitedに登録すると、人気のシリーズ、ベストセラー、名作などに好きなだけアクセスして、シームレスなデジタル読書体験を実現できます。ブラックフライデーで3か月で99円!

次のページへ >

面白かったらぜひ応援お願いします↓

タイムセール情報はこちら↓

  • ●Amazonタイムセール
  • おすすめ記事

    その他のおすすめ記事

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    -歴史, 生活, 韓国の反応,

    アクセスランキング