メディア 娯楽 生活 韓国の反応

NETFLIX「まさか韓国コンテンツがここまで大人気になるとは…ブルブル」=韓国の反応

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事(非表示中)

韓国のコンテンツに対する世界的な関心と流行が、旅行、外食業など国内の文化産業全般に広がっている。

Netflixの投資拡大はもちろん、世界的なストリーミングサービスも慌てて韓国コンテンツを輸入している。

ブルームバーグ通信は6日(現地時間)、ネットフリックスオリジナルシリーズ「ザ・グローリー」に出てくる韓国の悪口を真似するのが流行だとし、劇中パク・ヨンジンがよく発する「アイX」を真似する米国の視聴者の話を紹介した。

たとえ俗語とはいえ、視聴者の日常で表現されるということは、それだけドラマの没入度が高かったということでもある。

これに伴い、同メディアはまた、米国で韓国レストランに行ったり、韓国旅行を計画する姿もよく見られると伝えた。

ボン・ジュンホ監督の映画「寄生虫」、ネットフリックスシリーズ「イカゲーム」に続き「ザ・グローリー」まで興行神話を書き、「K-コンテンツ」の地位が日に日に高まっているという分析だ。

実際、メディアパートナーズアジアの調査によると、韓国はアジアで最も成功したコンテンツ生産国であることが分かった。

Netflixも会員の60%以上が韓国オリジナルコンテンツを視聴したとし、最も大きなシリーズ市場として米国に次いで韓国を挙げた。

今年だけで制作される国内Netflixオリジナル番組は少なくとも34本以上だ。

現在、韓国オリジナル番組制作に年間約10億ドル(約1兆3190億ウォン)以上が投入されているという。

しかし、最初からネットフリックスが韓国に注目していたわけではない。

ネットフリックスはアジア進出当初、宮崎駿のような巨匠のアニメがヒットすると見て、日本に集中的な投資を計画した。

ネットフリックスが判断ミスに気づくまで、それほど時間はかからなかった。

ブルームバーグによると、今日ではむしろ日本、台湾、香港のテレビ放送局が韓国のコンテンツを輸入して再放送しているとし、「アジア市場がネットフリックスで最も速く成長するのは韓国の功績が最も大きい」とコメントした。

一方、ネットフリックスの先頭に続き、世界的なメディア企業も韓国コンテンツの獲得に乗り出した。

ディズニープラスとアップルTVプラスだけでなく、まだ国内でサービスを運営していないアマゾンも世界的な需要に支えられ、韓国のコンテンツを購入しているというニュースだ。

これと関連し、ブルームバーグは「(韓国のテレビ番組は)より多くのエピソードの拡大、多次元的なキャラクター構成など、日々発展している」とし、「香港映画や日本のポップミュージック(J-pop)のような運命を避けてほしい」と伝えた。

引用元記事:ttps://is.gd/dLS6c3

ぜひ1日1回応援お願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバーからの反応です。

少子化を解決しなければ韓流も何もない。

 

 

Kコンテンツの輸出大当たりだね~

 

次のページへ >

面白かったらぜひ応援お願いします↓

タイムセール情報はこちら↓

  • ●Amazonタイムセール
  • TikTokフォロワーを1,000人増加します TikTokフォロワー増加の宣伝をします!保証あり!

    おすすめ記事

    その他のおすすめ記事

    -メディア, 娯楽, 生活, 韓国の反応

    アクセスランキング