生活 科学 韓国の反応

韓国人「韓国のバーチャルヒューマン技術にアメリカも関心を寄せている…ブルブル」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事(非表示中)

SKスクエアが発足後初めて投資した3次元(3D)バーチャルヒューマン制作会社オンマインドが最近、新規仮想人間2人を公開しました。

30日、業界によると、オンマインドは先週、米国サンフランシスコのモスコンセンターで開かれたゲーム開発者会議「GDC 2023」で新規仮想人間2人を公開した。

オンマインドが新たに公開したバーチャルヒューマンは「Y(ワイ-仮称)」と「T.K(T.K-仮称)」だ。リアルなバーチャルヒューマンを実現するために、グローバル情報技術(IT)企業ユニティのデジタルヒューマン2.0パッケージ、フェイスおよびヘアソリューションなどを活用した。微細な顔の筋肉の動きはもちろん、髪の毛、肌のふわふわ、虹彩などをよりリアルに実現し、現地の来場者から大きな関心を集めた。

バーチャルヒューマン「Y」を活用してユニティと一緒に行ったリアルタイムトークコンサートも話題になりました。発表者の顔や表情が別途映像合成や編集なしでリアルタイムにモーションキャプチャされ、仮想人間「Y」の姿で画面に送出されました。トークコンサートでユニティのテクニカルマーケティングマネージャーであるマーク・ショナゲル(Mark Schoennagel)がOnmindの技術を紹介すると、発表者の口の形や表情がそのまま画面上の「Y」に適用されました。男性スピーカーが清純な外見の女性バーチャルヒューマンに変身し、様々な表情で生放送を行い、現場で高い反響を呼びました。

最近、ゲーム業界でバーチャルヒューマンの重要性は高まっている。バーチャルヒューマンを活用した現実感のあるアバターの実現、広告および知的財産権(IP)ビジネスの付加収益創出などが可能だからだ。

オンマインドのキム・ヒョンイル代表は、「ユニティのグローバル開発者カンファレンス'Unite 2022'をはじめ、'MK CESフォーラム2022'、'GDC 2023'など有力なグローバルイベントを通じて、オンマインドのバーチャルヒューマン技術を広めるために努力してきた」とし、「今後もグローバルイベントに積極的に参加してグローバルパートナーシップを発掘し、オンマインドのバーチャルヒューマン技術が世界中に広がるように努力していきたい」と述べた。

引用元記事:ttps://is.gd/bGxUfv

ぜひ1日1回応援お願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバーからの反応です。

ぎこちないな

 

 

ただのゲームみたいだね

 

次のページへ >

面白かったらぜひ応援お願いします↓

タイムセール情報はこちら↓

  • ●Amazonタイムセール
  • おすすめ記事

    その他のおすすめ記事

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    -生活, 科学, 韓国の反応

    アクセスランキング