生活 韓国の反応

韓国人「日本と中国は仮想資産への政策を転換した模様…韓国も遅れを取ってはダメだ!!!」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事(非表示中)

仮想資産に対して否定的な立場を示していた日本と中国が最近、仮想資産産業育成のための政策を相次いで出している。

過去、日本と中国は仮想資産投資に伴う危険性を考慮し、規制中心の政策を展開してきた。 しかし参加度により補償を受ける形態のウェブを意味する「ウェブ3」を筆頭に仮想資産産業が開花すると展望され、育成政策を導入中だ。

このような海外動向を考慮し、韓国もウェブ3産業競争で遅れを取らないための育成足場を用意しなければならないという声が出た。

■「日本、ウェブ3事業しやすい場所にすること」

日本は2018年、仮想資産取引所「コインチェック」がハッキングされ、約5千600億ウォン規模の金銭被害が発生した以後、仮想資産産業に対する規制を強化した。 自律規制機関である日本仮想通貨取引所協会(JVCEA)を中心とした取引所事業者登録制を導入し、課税、会計などに対する義務規定を設けた。

日本当局がこのように仮想資産関連で投資家保護に集中し、相対的に産業育成のための歩みは遅いと評価された。 そうするうちに昨年に入って当局がウェブ3産業に注目し、立場転換が行われる様子だ。

日本経済産業省は7月、ウェブ3産業育成のための専門組織である「ウェブ3政策推進室」を設置したと明らかにした。 ウェブ3政策推進室は、グローバル事業環境と国内産業界の課題を調査し、関係省庁の協力の下、産業環境を改善するという目標で設置された。

岸田文雄日本首相は昨年10月、国政課題であるデジタル転換推進の一環としてウェブ3サービスの利用拡大を図り、日本を魅力的なウェブ3投資先にすると述べた。

仮想資産企業に対する税金の恩恵も設けた。 日本自民党税務委員会は、仮想資産分野の新生企業の未実現利益は法人税納付を免除する法案を承認した。

■コイン投機を遮断した中国、NFT市場は育成見通し

中国は2017年、地域暗号通貨取引所を閉鎖したのに続き、2019年には暗号通貨取引所と暗号通貨公開(ICO)サイト接続遮断、暗号通貨取引不法規定など仮想資産に対する接近を強力に規制してきた。 仮想資産に対する投機性取引を憂慮した措置だった。

2021年には全世界で70%の割合を占めていた暗号通貨の採掘さえ禁止した。

反面、同じ仮想資産でもNFTに対しては政策を変えている。 中国は国営NFT取引所「中国デジタル資産取引プラットフォーム」の発足式を1日に行った。 該当プラットフォームは、中国文化観光部直属の中国文化メディアグループの子会社である中電熱中文化発展が運営することになる。 個人、機関を対象にNFT発行、著作権保護サービスを提供する方針だ。

都市単位で見ると、上海と河南省の場合、それぞれ昨年8、9月にメタバスに対する産業育成計画を発表した。

仮想資産に否定的な立場を取っていた国家までウェブ3産業育成に力を入れている渦中に、国内対応は多少不十分だという声が業界から出ている。 仮想資産関連法制化は徐々に推進されているが、産業育成のための政策的支援は見当たらないという憂慮が多い。

韓国ブロックチェーン学会長を務めている西江大学コンピュータ工学科のパク·スヨン教授は「過去にはブロックチェーンを活用して単純に暗号通貨を発行するのに止まったため、各国貨幣システムの脅威と見なす見解があった」として「現在は日本、中国をはじめとする国家がウェブ3とトークン経済が経済発展に役立つと見て政策を樹立している」と指摘した。

続けて「我が国は仮想資産産業を既存金融体系の一部として吸収させようとする傾向がある」として「消費者保護を徹底するために進捗が多少遅くなってもウェブ3サービスの玉石を覆い、許容できることは果敢に許容する政策推進が至急だ」と話した。

引用元記事:https://is.gd/i5bwzo

ぜひ1日1回応援お願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバーからの反応です。

1:韓国の反応

国家金融機関を通じた現金の仮想資産化は十分可能。 でもグラフィックカードでパソコンを一日中つけておく、そのようなコインは資産として認めてはいけない。 それが基準であり、ファクト

 

2:韓国の反応

今からでもコイン取引所を全面閉鎖させなければならない。

次のページへ >

面白かったらぜひ応援お願いします↓

タイムセール情報はこちら↓

  • ●Amazonタイムセール
  • おすすめ記事

    その他のおすすめ記事

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    -生活, 韓国の反応

    アクセスランキング