生活 韓国の反応

韓国人「日本の30%近い女性が生涯子どもなし…圧倒的に世界一…ブルブル」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事(非表示中)

現在、日本女性の生涯子どもなしの割合が主要先進国の中で最も高いと伝えられた。 12日付の日本経済新聞(日経)は、経済協力開発機構(OECD)の最新資料をもとに、17ヵ国の女性の子供の割合を調査し、報じた。 これによると、1970年生まれの女性の50歳時点の子供の割合は日本が27%で、比較対象国の中で圧倒的に高かった。 一般的に発展途上国の出生率が先進国より高く、子供のいない女性の割合は低いという点を勘案すれば、事実上日本の子供の割合は世界で最も高い水準であると推定される。

日経によると、人口学的に50歳の時点まで子供がいない女性は「一生子供がいない女性」に分類される。 子どものいない女性の割合は、日本に次いでドイツ(21%)、フィンランド(20.7%)、オーストリア、スペインの順だった。 1965年生まれの女性を対象に24ヵ国を比較した時も、日本(22.1%)は英国や米国など主要先進国を上回った。 日経は職場·育児両立支援など政策上相当な進展がある米国と欧州では、子供の割合が高くなっていないことに比べ、日本の状況が目立つと指摘した。

日本の子供のいない女性の割合は今後も高くなる見通しだ。 日本国立社会保障·人口問題研究所によると、現在少子化傾向が続く場合、日本の2000年生まれの女性の生涯無子女比率は31.6%~39.2%と観測される。 男性の場合、女性より高い未婚率を考慮すれば、無子女の割合が女性よりさらに高くなると日経は分析した。

社会保障·人口問題研究所は最近の統計をもとに、子供のいない女性を△結婚困難型△子供志向型△出産延期型△不妊·健康理由型の4つのタイプに分類し調査した。 それによると、最近最も急増したタイプは「結婚困難型」で、25歳~49歳の各年代で最も多い割合を占めた。 このため、女性が十分な経済力を備えた男性を見つけることが難しくなった日本の状況が一つの原因として指摘された。

次に多いタイプは「子供志向型」で、特に若い世代で増加傾向が大きく、全体女性の約5%と推算された。 未婚女性は収入が低かったり交際相手がいない場合、子供を望まない確率が高いことが分かった。 社会保障·人口問題研究所所属の森住理恵研究員は「一人っ子を積極的に選択するというより(出産を)あきらめる女性が多いようだ」と指摘した。

日本では1986年から「男女雇用機会均等法」が施行されている。 子どものいない女性率が高い1965年~1970年生まれはこの法の適用を受けた最初の世代だ。 札幌市立大学の原俊彦教授は日経に「キャリアなどで女性が結婚と出産·育児を最優先にしなくなった結果、遅く結婚して遅く出産したことで、子供のいない女性も増えた」と分析した。

日経は働く女性は増えたが、職場·育児両立支援において進展がなく、仕事をやめて育児をするのか、それとも仕事を続けるのか、二者択一しなければならない状況で少子化が深刻化したと付け加えた。

日本の岸田内閣は今年、「レベルの異なる少子化対策を講じる」と公言しているが、育児世代だけでなく出産をあきらめている世代に対する悩みも必要だと同紙は指摘した。

一方、韓国統計庁の「2021新婚夫婦統計」によれば婚姻届以後5年以内に国内に居住し婚姻関係を維持している新婚夫婦は前年対比約7%減少した。 これは2015年の関連統計集計以来最低だった。 また、彼らのうち初婚の夫婦は45.8%が子供がいないと集計された。 統計庁のチャ·ジンスク行政統計課長は「経済的な問題をはじめ、非婚族が増えている文化的な要因が作用した」と分析した。

引用元記事:https://is.gd/5A7Xcw

ぜひ1日1回応援お願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバー からの反応です。

1:韓国の反応

以上出生率0.8の国が言いました。

 

2:韓国の反応

我々こそ頑張らないと

次のページへ >

面白かったらぜひ応援お願いします↓

タイムセール情報はこちら↓

  • ●Amazonタイムセール
  • おすすめ記事

    その他のおすすめ記事

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    -生活, 韓国の反応

    アクセスランキング