生活 韓国の反応

年末の旅行需要が爆増…大阪が1番割合が高い結果に=韓国の反応

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事

当サイト人気記事

新型コロナウイルス感染症の大流行の長期化で抑えられていた国外旅行の需要が年末休暇の雰囲気に乗って爆発する姿だ。 国際線航空券の前売りだけでなく、携帯電話の国際ローミング、国外でのカード使用額などが全て急増している。

国内最大の航空券前売りプラットフォームインターパークは22日、11月の1ヵ月間、自社プラットフォームを通じた国際線航空券購買量が昨年同期に比べて1268%増えたと明らかにした。 前月(10月)より10%多く、新型コロナウイルス感染症の大流行以前の2019年11月より14%増えた数値だ。 年末休暇シーズンを迎え、新型コロナウイルス感染症の大流行により、約2年間抑えられていた国外旅行の需要が爆発し、国際線航空券の前売りが急増しているものと分析される。

日本路線の航空券の購入が多かった。 インターパークの統計を見ると、大阪路線の航空券購買比率が16.8%で最も多く、成田が12.7%、福岡が12.6%、沖縄が2.1%を占めた。 日本路線の航空券購買比率が47.9%で半分に迫った。 その他の国ではタイ·バンコクが6.3%、ベトナム·ダナンが3.5%、米国·グアムが3.1%を記録した。 比較的期間が短い冬休みの特性上、相対的に距離が近く、天気が暖かいアジア圏に旅行需要が集中したものと分析される。

国外旅行が増え、国外カード(信用·チェック·デビットカード)の使用額も急増した。 韓国銀行が発表した第3四半期の国内居住者の国外カード使用額が38億1千万ドル(約4兆8635億ウォン)で、昨年同期の28億8千万ドルに比べて32.6%増えた。 内国人出国者数も第2四半期94万4千人から第3四半期には199万6千人へと2倍以上増えた。

携帯電話の国際ローミングも増えた。 SKテレコム(SKT)は第3四半期実績を発表し「ローミング売上が前年同期に比べて3倍跳ね上がった」と明らかにした。 KT第3四半期の国際ローミング利用者と売上も前年同期比3倍近く増えた。 移動通信事業者は、国際ローミング顧客を対象にローミング料金割引、海外レンタカーおよびホテル予約割引特典を提供するなど、増えている海外旅行需要をつかむためのプロモーションを多様に行っている。

引用元記事:https://is.gd/lPWUtW


ぜひ1日1回応援お願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバーからの反応です。

1:韓国の反応

済州がもう少し良心的に商売すればいいのに残念だ

 

2:韓国の反応

行きません。 買いません

次のページへ >


面白かったらぜひ応援お願いします↓

おすすめ記事

その他のおすすめ記事

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。


-生活, 韓国の反応

アクセスランキング