娯楽 生活 韓国の反応

「技術強国」日本?…3D装備不足で「アバター2」予約キャンセルラッシュ=韓国の反応

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事

当サイト人気記事

3D映画「アバター:水の道(アバター2)」が日本で上映を控えて技術的欠陥などにより難航していると伝えられた。

20日(現地時間)、ブルームバーグ通信など外信によると、日本は3D装備不足など技術的な問題で「アバター2」を正常上映するのは難しい状態だ。 これに対し観客が最も多く集まる年末シーズンであるにもかかわらず「アバター2」をあきらめなければならない状況に置かれた。

愛知県名古屋にある劇場は「アバター2」を上映するためにフレーム率を半分に下げ、既存の映画と同じ水準にした。 このような作業を経なかった日本の他の映画館は、事前予約した観客に公式謝罪し、払い戻し処理した。

ブルームバーグ通信は「日本映画上映館の最新装備交替が遅く、このようなことが起きたと見られる」として「映画マニアが多い日本での上映支障は『アバター2』興行不振の一要因」と指摘した。

スイスメディアである「ブルーウィン」は「名古屋上映館が毎秒24フレームで『アバター2』を上映することに成功したが、観客は監督が意図した経験を得られない可能性がある」と話した。

「アバター2」は1秒当たり48フレーム(fps)で作った3D映画で、1秒当たり24フレームの既存一般映画の2倍に達する。 また「アバター2」製作陣は圧倒的な映像美のためにHFR(High Frame Rate·高フレーム率)とHDR(High Dynamic Range·高機動幅)など先端技術を大挙使用したと伝えられた。

一方、「アバター2」は2009年に発売された「アバター」の後続作だ。 前作「アバター」は封切り6日目に200万、38日ぶりに1000万人の観客を集めた。 特に「アバター」は総収益29億ドル(約3兆7640億ウォン)で歴代世界興行順位1位に上がった。 「アバター2」は前作のおかげで莫大な制作費を投入した。 製作費は3億5000万~4億ドルと推定される。

引用元記事:https://is.gd/F6j5yO


ぜひ1日1回応援お願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバーからの反応です。

1:韓国の反応

技術強国だ。 断片的な面ばかり見るな

 

2:韓国の反応

技術水準は本当に高いです。 でも一般的な生活での技術適用状況は我が国より低いと見てもいい

次のページへ >


面白かったらぜひ応援お願いします↓

おすすめ記事

その他のおすすめ記事

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。


-娯楽, 生活, 韓国の反応

アクセスランキング