スポーツ 韓国の反応

韓国人「日本代表はPK戦の時に、その場で蹴る順番を決めたらしい…普通事前に監督が決めておくよな…?ブルブル」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事(非表示中)

日本は2022カタールW杯で史上初のベスト8入りを目前にして座り込んだ。 クロアチアと対戦した16強戦で延長戦まで進む血闘を繰り広げたが、PK戦で苦杯をなめた。 日本のキッカー4人のうち3人がネットを揺らすことができなかった。

サッカー日本代表チームがPK戦の順番をあらかじめ決めていなかったことが分かり、議論を呼んでいる。 選手たちがその場で手を挙げて任意に決めたということだ。 PK戦の順番はキックの正確性、選手のコンディションなどを考慮して監督があらかじめ決めておくのが普通だ。

読売新聞など日本のマスコミによると、PK戦の最初のキッカーで失敗した南野は前日の記者会見で、「昨日は私の人生最悪の日だった」とクロアチア戦当時の状況を説明した。

延長戦が終わった後、PK戦の順番をその場で決めるために選手たちが集まった。 誰も先に手を上げなかった。 PK戦1番キッカーは圧倒的負担感を抱かなければならないからだ。 ミナミノは「5秒ほど沈黙が流れた後、私が手を上げた」と話した。 うまく蹴れるという自信はあったが、実戦は違った。 彼の低いボールがゴールキーパーに阻まれて以来、試合の流れはクロアチアに傾いた。 2番、4番のキッカーさえ得点できず、勝負になってしまった。 南野は「自信があって手を挙げたが、チームに迷惑をかけた」として申し訳なかった。

元日本代表、「PK戦は運ではない」と苦言

日本代表の森保監督は、選手の意見を傾聴し尊重する徳将として知られている。 PK戦の順番を決めずに選手たちの自律に任せたことにも、彼のリーダーシップスタイルが反映されたものと見られる。 しかし、たった1ゴールで運命が分かれるトーナメント戦では、過度に危険な選択だったという指摘が多い。

1998年フランスW杯の時、日本代表チームでプレーした城彰二は自身のユーチューブチャンネルで「PK戦は運ではない」と苦言を呈した。 また「1番は誰? 2番は誰?」というふうに即席で順番を決めたというが、誰がうまく蹴るかなどを考慮して監督があらかじめ選んだ方が良かっただろう」と話した。

スペインの監督「PK戦は練習すればするほど上達する」

スペインチームもPK戦のため涙を流した。

グループリーグで日本に敗れたスペインのルイス·エンリケ監督は6日、モロッコとの16強戦を控えて行った記者会見で、選手たちのPK戦の実力に自信を示した。 彼は「PK戦は宝くじのようなものではない。 練習をするほどPK戦の実力は向上する」とし「選手たちにPK戦の練習を1000回以上してくるよう宿題を出した」と話した。

しかし、スペインはモロッコ戦で1番から3番のキッカーまで相次いで得点に失敗し、荷造りを余儀なくされた。

引用元記事:https://is.gd/tRo3WV

Twitterのフォローもお願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバーからの反応です。

1:韓国の反応

試合はよかったけど、あと少し足りなかったね

 

2:韓国の反応

正直、彼らが我々より上手に見えてムカつくよ。

次のページへ >

面白かったらぜひ応援お願いします↓

タイムセール情報はこちら↓

  • ●Amazonタイムセール
  • おすすめ記事

    その他のおすすめ記事

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    -スポーツ, 韓国の反応

    アクセスランキング