スポーツ 韓国の反応

韓国人「韓国は1999年に既にブラジルに1:0で勝利をしている」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事(非表示中)

1999年3月28日、蚕室(チャムシル)でブラジルを1対0で制した試合は、おそらく皆知っているだろう。
当時の勝利は、アジア諸国のA代表チームがブラジルを獲得した最初のケースだったので、今でも話題になっている。
もちろんロナウドとカルロスが合流しなかったため、100%のチームとは考えられなかったが、訪韓したメンバーたちの面々も
かなり派手なチームだった。

素早いソ·ジョンウォンの突破…あの時、本当にものすごく撒いた。
当時、ソ·ジョンウォンはリーボックモデルだったが、ナイキ側ではソ·ジョンウォンが仕上げがうまくいかず、よく転ぶ理由はリーボックサッカーシューズを
着用するからだという話を記者団に伝えたりもした

あの時は1998年のKリーグプレーオフでヘディングゴールを決めてチームを決勝に導いたばかりなので
ベン·ジヒョンがゴールポストを外して出てくることについて、誰も何も言わなかった時代だ。

90年代半ばから2000年代初めまで韓国サッカーのスタイルを設定するにあたって、いつも第一点だった故ユ·サンチョルさんのホームランボールシーン

これはまあ、あまりにも有名な場面だけど。 試合終了ホイッスルが鳴る直前に起きたキム·ドフンのゴール!

この勝利はアジア諸国がブラジルを相手に記録した初の国際Aマッチ勝利となった。
試合が終わった後、ファンは去らず、代表チームが搭乗したバスがメインスタジアムを離れるまで長い時間がかかる。

当時は選手たちが恥ずかしがり屋だったので、試合に勝っても負けてもポーカーフェイスで一貫していたが、代表バスの中で許丁茂(ホ·ジョンム)監督を
筆頭にバスの中でファンを眺めながら、大韓民国のスローガンを初めて叫んだ。

あの時、私はサッカー関連の仕事をしたので、試合内、外的な雰囲気をあまねく見ることができたが、それについて話をしてみようかと思う。

今はそうではないが、あの当時は代表チームが飛び石システムで運営されていた。 2年間のワールドカップ準備期間が終わればすぐオリンピックを
中心にその次の2年間を運営する概念だったため、あの試合が1998年フランスワールドカップ以後、事実上精鋭兵力が招集された
最初の試合であり、国大とオール大を兼業していた許丁茂(ホ·ジョンム)監督が指揮を執って初めて招集した国大メンバーだった。

それで戦術も何も選手同士で呼吸を合わせる時間もなかった状況で、記者たちの間では「大敗でもしなければいい」という雰囲気が広がっていた。
結局、許丁茂(ホ·ジョンム)監督の選択は、それでもお互いをよく知っているベテランたちだった。

しかし、たった一つの競技場内、外部を支配する特異な現象があった。
その時がKリーグのルネサンスと呼ばれるほどプロサッカーの人気が高く、いくら早飯チームだとしてもファンがあまりにも殺到していたので、
今の勢いなら私たちが勝てると思うという雰囲気が形成されていた。

ファンたちも雰囲気がどうだったかというと、 ブラジルがすごいけどロナウドも来ないし、カルロスが来なかったら 僕たちのホームだから十分やってみる価値があるんじゃないかと。
これがもう20年以上経ったことになったということが信じられず、その時の根拠を見つけにくい自信がまだ記憶に残る。

引用元記事:https://is.gd/TR8THT

Twitterのフォローもお願いします!

以下韓国の反応

以下イルベからの反応です。

1:韓国の反応

何だよ!あの時みんなすごく上手だね

 

2:韓国の反応

>>1 あれがフランスW杯以来、ほぼ9ヵ月ぶりに招集された代表チームだったが、あんな姿を見せてくれた。
戦術を練って練習できる時間がホームチームの私たちにもなかったが、スターティングメンバーを見れば分かると思うが、ベテラン選手たちがあの時点で自分の役割を果たしてくれた

次のページへ >

面白かったらぜひ応援お願いします↓

タイムセール情報はこちら↓

  • ●Amazonタイムセール
  • おすすめ記事

    その他のおすすめ記事

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    -スポーツ, 韓国の反応

    アクセスランキング