経済 韓国の反応

韓国人「韓国製の市場シェア1位は、5品目のみ…中国・日本には勝てず…ブルブル」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事

当サイト人気記事

半導体、電気自動車、スマートフォンなど全世界の経済活動に重要な製品と部品の中で「メイドインコリア」が市場シェア1位を占めた品目は昨年5品目にとどまった。 韓国は2年連続で米国、中国、日本に続き、世界シェア1位の品目保有国4位に名を連ねた。 「脱中国」を叫ぶ企業が増加しているが、電気自動車(EV)などハイテク分野を中心に存在感を高めた中国には押され、「援助強者」だった日本には押され、市場拡大に苦戦している様子だ。

◆ 半導体·スマートフォンなどサムスン製品5社が1位

23日、日本経済新聞が世界経済活動に重要な最終製品とサービス、核心部品、素材など56品目を対象に各上位5企業の占有率調査を行い、毎年発表する「2021年主要商品·サービス占有率調査」で韓国が占有率1位を占めた品目は5品目と集計された。 品目はDラム、NANDフラッシュ、スマートフォン、平面テレビ、有機発光ダイオード(OLED)パネルで、5品目とも1位は三星電子の製品だった。

韓国は2019年の調査で7品目のシェア1位を占め、米国、中国に次いで日本と3位タイに上がった。 しかし、2020年の調査で大型液晶パネル(LGディスプレー)と造船(現代重工業)でそれぞれ中国BOEと中国船舶集団(CSSC)に1位を奪われ、4位に落ちた。

日本は自動車、バイク、デジタルカメラ、レーザー複合機、イメージ(CMOS)センサー、携帯電話用リチウムイオンバッテリー、偏光板など7分野で世界1位を維持した。 日本は2019年までは世界1位の品目数が11品目だったが、2020年から7品目を維持し、韓国と同様に中国の追撃を受けている。

世界1位の品目数は米国が18品目で最も多く、中国が15品目で後に続いた。 中国は昨年、日本を抜いて初めて2位に上がった後、全世界の主要市場で成長傾向を見せ、米国との格差を縮めている。 昨年70項目を調査した当時、米国の1位品目数は24品目、中国は12品目で2倍の差があった。

◆ 中国、電気自動車部門の成長「スピード」…韓日ふらふら

市場占有率1位品目の個数から確認できるように、中国の成長傾向が激しい。 調査品目56品目のうち、中国企業が上位5品目に含まれた品目は32品目だった。 このうちシェアが拡大した品目は21品目だった。 日本経済新聞は、主要ハイテク28品目のうち13品目が中国のシェアが拡大したと伝えた。 6品目はシェアが減り、残りの9品目は中国企業が上位5位圏内に含まれなかった。

中国が目立って成長した部門は、ほかならぬ電気自動車関連部門だった。 世界最大バッテリーである中国CATLのシェアは昨年38.6%で、前年比12%ポイント上昇した。 また、他の中国バッテリーメーカーの比亜迪と合わせた中国企業のシェアは、前年比12.2%増の46.3%と集計された。 同じ品目の韓国シェアは4.1%ポイント減少した。

中国の比亜迪の場合、電気自動車完成車部門でもフランスと日本のルノー·日産·三菱連合を抜いてシェア基準上位4位に名を連ねたと日本経済新聞は伝えた。 比亜迪のシェアは前年比0.7%増の6.8%、ルノー·日産·三菱連合は2.8%減の5.6%だった。

リチウムイオンバッテリーの核心素材である絶縁剤市場でも、中国上海エネルギーがシェア28.7%で2位の日本旭化成(10.7%)との格差を広げた。 上海エネルギーは2019年、旭化成を抜いてシェア1位の座を占めた後、市場で足を広げている。 日本経済新聞は「市場が急膨張する電気自動車供給網の開始から最後まで中国メーカーが立場を固めている」と伝えた。

ディスプレー部門でも中国の成長の勢いが速い。 中国BOEがここ数年間、急速に規模を拡大し、LCD(液晶表示装置)の場合、大型と中小型の両方でシェアを高めた。 また、韓国が強気を見せているOLEDパネル市場でも、中国の追撃が続いている。 OLEDパネル市場で韓国のシェアは4.2%ポイント減少したが、中国のシェアは3.7%ポイント増加した。

日本経済新聞は「ジョー·バイデン米政府が先端半導体の対中輸出を厳格に規制するなど経済安保を巡り米·中が尖鋭に対立している」とし「中国の台湾攻撃などを念頭に置いてサプライチェーン再検討が要求されるが、調査結果を見れば中国企業の占有率が高い方」と評価した。 KPMGFASの稲垣正久パートナーは「米·中覇権競争が激しくなるにつれグローバル企業はサプライチェーンを中国と中国以外の市場に再編しなければならないだろう」と話した。

引用元記事:https://is.gd/3mWfgf


Twitterのフォローもお願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバー からの反応です。

1:韓国の反応

ムンの5年間さえなければ…

 

2:韓国の反応

労組が力をつけて、規制が量産された結果

次のページへ >


面白かったらぜひ応援お願いします↓

おすすめ記事

その他のおすすめ記事

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。


-経済, 韓国の反応

アクセスランキング