生活 韓国の反応

韓国人「1200年も続く、日本の飴工芸が芸術的すぎる…ブルブル」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事

当サイト人気記事

この全てが砂糖で作った飴を使って手作りしたものだという。
日本語で浅瀬工(あめざいく)と言いますが、始まりは約1200年前の平安時代の寺院で始まり、
江戸時代に様々な形で発展し、今に至る。

この文化の命脈をつないでいるのは、手塚新里(Shinri Tezuka)という名の29歳の日本の若い職人ですが、

日本はもちろん海外でも有名で
映画、ドラマ、または結婚式のようなイベントに使われる飴をオーダーメイドしているそうですが、
その値段は韓国ウォンで約9000ウォン~1万8000ウォン程度だそうだ
ガラス細工のように形で残るのではなく、溶けたり食べたりして消える飴にするというのが。
むしろ、儚さを好む日本人の感性を反映しているという意見もある。
形は消えてもその思い出はもっと強く心の中に残るような感じ?

引用元記事:https://is.gd/oXkwy0


Twitterのフォローもお願いします!

以下韓国の反応

以下イルベからの反応です。

1:韓国の反応

あれをどうやって食べるんだ。

 

2:韓国の反応

1200年前にも既にあんな飴があっただと?

次のページへ >


面白かったらぜひ応援お願いします↓

おすすめ記事

その他のおすすめ記事

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。


-生活, 韓国の反応,

アクセスランキング