韓国の反応

韓国人「AIがカタールW杯で韓国がウルグアイに0:2で負けると予想している!我々にはソンフンミンがいるぞ!」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事

当サイト人気記事

20日開幕し、世界を騒がせているカタールW杯の後ろには「人工知能(AI)」がある。 競技では人工知能技術を活用してオフサイドを判読し、競技場の隅々に設置されたセンサーが送ってくるデータを分析して室内冷房を調節するなど先端技術がワールドカップ現場の随所で活用されている。

21日の国際サッカー連盟(FIFA)の説明を総合すると、今回のカタールW杯では人工知能技術を活用してオフサイドかどうかを判読する。 該当技術は競技場上段に設置された特殊カメラ10台余りとサッカーボールについた慣性測定センサーを通じて具現される。 競技場の屋根の下に取り付けられた特殊カメラが選手の身体部位29ヵ所を追跡すると同時に、サッカーボールに取り付けられた1秒当たり500回のデータ記録センサーを通じてパスの瞬間を捕捉する。 人工知能が特殊カメライメージとサッカーボールセンサーから送られたデータを総合して判読した後、結果をビデオ調整室に送る過程を通じてオフサイド可否が決定される。

審判がオフサイドを見れなかったら、人工知能がキャッチしてホイッスルを吹く。 これまで審判が試合を止めて映像イメージを参考にしてオフサイドを判断したことと比較して、時間短縮と正確な結果を導き出すことができるという長所がある。 ただし、審判の決定で進行された試合が人工知能の決定により判定が覆され中断され、面白さは少なくなる可能性がある。

この他にもカタール政府は試合が開かれる8ヵ所の競技場を人工知能で管理する中央集中式技術ハブを構築した。 競技場ごとに設置された2万台余りの保安カメラとセンサーなどが収集したデータを人工知能が分析し競技場管理·運営に活用する。 これを通じて競技場内の冷房装置を稼動したり、観衆密集度を管理し、テロなどを予防する。

競技場の外では情報通信(IT)企業が人工知能を活用した勝負予測サービスを先を争って披露している。 LGユープラス(LGU+)のスポーツプラットフォーム「スポキー」では、人工知能を活用したW杯試合の勝負予測結果をサービスしている。 この機能で24日に開かれる韓国-ウルグアイ戦を予測した結果、韓国が0対2で敗れるという結果が出た。 韓国の勝率は11%で、引き分けと敗北確率はそれぞれ19%と70%と分析された。 28日ガーナとの1次リーグ2次戦は1対1の引き分けと予測され、来月3日ポルトガルとの3次戦は1対0で敗れると予想された。

人工知能勝負予測は、各チームの実際の試合データをもとに、各チームの攻撃パターンを分析した後、その結果をデジタルコードで構造化して導出する方式で行われる。 ただし、当日の選手たちのコンディションと試合内の突発変数まで反映が難しく、いくらでも結果が変わる可能性がある。 2010年南アフリカ大会の時はタコの勝負予測が話題になったことがある。 タコと人工知能の中で誰が「神通」するかも関心事だ。

引用元記事:https://is.gd/HLPISR


Twitterのフォローもお願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバーからの反応です。

1:韓国の反応

まあいいじゃない。W杯は祭りだ^^あまり負担に思わないで。 私の人生と何の関係もない

 

2:韓国の反応

最善を尽くせばいいんだよ

次のページへ >


面白かったらぜひ応援お願いします↓

おすすめ記事

その他のおすすめ記事

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。


-韓国の反応

アクセスランキング