生活 科学 経済 韓国の反応

韓国人「中国でのサムスンのシェアがまだ1%にも達していないだと…ブルブル」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事(非表示中)

サムスン電子のスマートフォンが中国市場で0%台の占有率から抜け出せずにいる。 現地の有名インフルエンサーとコラボレーション広報を行うなど、昨年から現地市場でのシェア回復に力を入れているが、成績は期待以下だ。

21日、業界によると、中国デイリーインタラクティブビクターが今年第3四半期の現地5Gスマートフォン市場占有率を集計した結果、サムスン電子5Gスマートフォン占有率が0.8%であることが分かった。

これは中国市場に進出したスマートフォンメーカー全体のうち、事実上最下位の9位に当たる数値だ。

中国の5Gスマートフォン市場シェア1位はアップルのアイフォンで、19.4%のシェアを記録した。 2位は現地代表スマートフォンメーカーのビボ(18.6%)だった。 その後を▷オッポ(15.0%)▷ファーウェイ(14.8%)▷アーナー(12.0%)▷シャオミ(11.1%)▷リアルミー(3.5%)▷ワンプラス(1.0%)の順だった。

中国の5Gスマートフォン機器別シェアで見ても、20位圏内に名を連ねたギャラクシースマートフォンは1台もなかった。 機器別占有率1~5位をアップルのiPhoneが総なめした。 1位がiPhone13、2位がiPhone12、3位がiPhone13プロマックス、4位がiPhone12プロマックス、5位がiPhone13プロなどと調査された。

中国スマートフォン市場で5Gスマートフォンが占める占有率は37.9%に過ぎない。 10台のうち4台余りで、まだその比重が高くない。 しかし、サムスン電子としては4G(LTE)スマートフォン市場以上に重要な市場だ。 コスパで武装した中国スマートフォンメーカーが占領した4G市場とは異なり、5G市場はまだ技術格差を前面に出して競争優位を占めることができるためだ。

サムスン電子としては痛恨の結果にならざるを得ない。 サムスン電子は昨年末「中国スマートフォン市場占有率20%」を再現するためにサムスン電子ハン·ジョンヒ副会長直属で「中国事業革新チーム」を新設した。 ギャラクシーZフォールドやフリップアンパックイベントも中国内では別途開催しており、現地の有名インフルエンサーを通じた広報も積極的に進めている。 このような努力にもかかわらず、1年が経っても0%台の占有率から抜け出せないのだ。

反面、宿敵アップルは米国と中国の葛藤が深刻化している雰囲気の中でもむしろ歴代級占有率を記録している。 市場調査会社カウンターポイントリサーチによると、中国のブランド別スマートフォン販売量順位でiPhoneは9月12日以降7週連続1位を記録した。 最終週(10月24~30日)基準の販売量シェアは29%で、2位のビボ(16%)より13%ポイント高い。 今年第3四半期のアイフォンの市場シェアも2016年以降最高値を記録した。

引用元記事:https://is.gd/wRoogP

Twitterのフォローもお願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバーからの反応です。

1:韓国の反応

諦めて他の国に行くのが得だ

そこ以外で世界1位ならうまくいくだろう

 

2:韓国の反応

実現不可能だろうけど、この程度ならそのまま撤収するのも一つの方法のようだね

次のページへ >

面白かったらぜひ応援お願いします↓

タイムセール情報はこちら↓

  • ●Amazonタイムセール
  • おすすめ記事

    その他のおすすめ記事

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    -生活, 科学, 経済, 韓国の反応

    アクセスランキング