動物 政治 韓国の反応

韓国人「ムン前大統領が金正恩からもらった犬をもう飼えないとの宣言の翌日に、もう手放されたwww」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事

当サイト人気記事

文在寅元大統領が、北朝鮮の金正恩(キム·ジョンウン)国務委員長からプレゼントされ、4年間育ててきた豊山犬2匹を8日、慶尚南道梁山(キョンサンナムド·ヤンサン)の私邸から送り出した。 犬の管理費予算支援に関する根拠法令処理遅延を問題視し、離縁宣言をしてから1日ぶりだ。

8日、本紙取材を総合すると、大統領記録館の関係者らは同日、文元大統領側の連絡を受けて会い、豊山犬「クマ」と「ソンガンイ」の引き渡し手続きを進めた。 犬を引き渡された大統領記録館の関係者らは、大邱慶北大学病院傘下の動物病院に犬を預けた。

犬はこの病院で数日間検診を受けた後、他の委託機関に送られる見通しだ。 政府関係者は「前例に従って処理されるだろう」と話した。 歴代大統領が在任期間に贈り物として受け取った動物のほとんどは、ソウル大公園が委託を受けて管理してきた。

前日、ムン前大統領秘書室は立場文を通じて「クマとソンガンを大統領記録館に返還しようと思う」と明らかにした。 「犬管理費予算支援」のための施行令改正が円滑に行われないということが理由だった。

文前大統領は任期最終日(5月9日)、自分が任命した大統領記録館長と協約を締結し、犬の管理費を予算として支給してもらえる道を開いた。 大統領記録館が当初作った予算支援案によると、飼料費として35万ウォン、医療費として15万ウォン、飼育·管理用役費として200万ウォンずつ税金総額250万ウォンを毎月支援する計画だった。 しかし、そのような予算支給に後任政府で疑問が提起され、後続作業が遅れてきた。 「愛情があって持っていくのではなく、その程度のお金を受け取る委託管理ならばむしろ専門機関に任せた方が良いのではないか」という指摘が内部で提起されたためだ。

大統領室は言論公示を通じて「該当施行令は大統領記録館所管で関連部署が協議中にあるだけで、施行令改正が完全に霧散したわけではない」とし「施行令立案過程を待たずに豊山犬を大統領記録館に返還したのは全面的にムン前大統領側の判断に過ぎない」と反論した。

引用元記事:https://is.gd/nnaUrK


Twitterのフォローもお願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバーからの反応です。

1:韓国の反応

250万ウォンのせいで飼ってたペットを捨てるんだね。

 

2:韓国の反応

本当に残酷だね

次のページへ >


面白かったらぜひ応援お願いします↓

おすすめ記事

その他のおすすめ記事

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。


-動物, 政治, 韓国の反応

アクセスランキング