韓国の反応

韓国人「日本の山崎製パンの工場内部の様子がこちらwwwこうやって食パンが作られているのか…ブルブル」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事

当サイト人気記事

私は昔から「なぜ我が国のパンは日本パンのように香ばしくて風味がないのだろう?」と思っていた。
パンが西洋のものだとしても、同じ東洋圏の日本とはあまりにも違いがある。
私はこのすべての問題がパンの味を改善しなくてもいいほどの独占的なベーカリー市場と
2位のメーカーも、自分のマーケットシェアだけを守り、競争をしない今の問題のためだと思う。
放っておいても売れ、工程改善をする必要がないので、30年前の機械そのまま使っても何の問題もなかったのだ。

日本の1位がヤマザキパンだが、日本マーケットシェアが30%程度になる。
我が国ではSPCが80%を占めて1位だが、日本でやっとシェア30%だけ達成して1位なのだ。
我が国では絶対SPCパンを食べるしかないけど
日本では1位のパンでも食べなくなるほど競争が活発だということだ。
SPCがパン工程を紹介する時、絶対に工場全体や核心製造施設を遠くから撮らない。
ところがヤマザキは発酵ミキサーなど全体工程をすべて見せてくれる。
だって?ちゃんと作って誇らしく見せることができるんだよ。

ヤマザキでは、AIB·アメリカパン研究所のAIB国際検査統合基準による指導監査システムを導入し、毎日細かいところまで定期的に衛生管理を行っています。
パンを作る人たちは製造現場に入る前に清潔なユニフォームに着替え、外でバクテリアやゴミが入らないよう十分に点検を終えて手をよく洗ってからパン作りを始めます。

よく混ざった中種は、大きな箱に移して発酵させます。
食パン作りには全部で約8時間かかりますが、その半分以上の時間が発酵に備わります。 温度28℃、湿度82%で管理された発酵に最適な部屋に4時間半ほど置くと、パン酵母の働きで、中に炭酸ガスが生まれ、ふんわり大きく膨張します。 また、パン特有の風味が作られます。

発酵させた中種に小麦粉と水を加えて食塩やバターなどで味付けをし、もう一度ミキサーで練ってパン生地を作ります。
完成したパン生地は大きな箱に移し、20~30分間休ませます。
このボックス1杯が食パン1200斤分になります。

ぐんぐん伸びたパン生地を棒のように巻いて、M字型に曲げて、四角のケースに3個ずつ包装します

ケースに入れたパン生地を40~50分最終発酵させる。
焼く前に再び発酵させ、柔らかくしっとりとしたパンに仕上がります

ケースに蓋を入れ、オーブンに入れ、約200度の温度で30分ほどかけて焼きます。
生地の中には、発酵時に発生した炭酸ガスの気泡が大量にあります。 加熱すると、この炭酸ガスが熱膨張し、食パンはさらに膨らみボリュームが大きくなります。
焼き食パンは、パン特有の香ばしい香りと焼き色に仕上がります。

焼いた直後の食パンは柔らかく、すぐにスライスすると形が崩れてしまうので冷める必要があります。
焼きパンをケースから取り出し、ブレッドクーラーという大きな部屋に移します。 急に冷たくなるとパンが減るので、約1時間半かけてゆっくり冷めます。

適度に冷やしたパンは、スライサーという機械で食べやすい大きさに切ります。
そして一度ずつ袋に入れて密閉し、最後に金属検出器でチェックをします。

出来上がったパンは、スーパーやコンビニなどの販売店ごとに仕分けられ、朝早く工場を出発します。

引用元記事:https://is.gd/8t26fu


Twitterのフォローもお願いします!

以下韓国の反応

以下dcinsideからの反応です。

1:韓国の反応

日本はコンビニのパンもすごくおいしかったよ。

 

2:韓国の反応

spcも食パンを作る工程はあれと変わらないと思うけど

次のページへ >


面白かったらぜひ応援お願いします↓

おすすめ記事

その他のおすすめ記事

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。


-韓国の反応,

アクセスランキング