生活 韓国の反応

韓国人「結局、日本は消えるだろう…」 韓国の方が危機的状況だったwww

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事(非表示中)

日本政府が少子化問題を解決するため、新しい出産奨励政策を打ち出す計画だ。 15日付の読売新聞によると、日本政府は「出産準備金」を新設する案を推進している。 出産準備金は地方自治体に妊娠届を提出し、母子手帳を受け取ったすべての女性に提供される。 子供1人当たり10万円(約97万ウォン)相当のクーポン形式で支給する予定だ。

このような支給方式は出産·育児と関連した物品とサービスだけを購入するよう制限しようとする意図と解説される。 新聞によると、このクーポンで出産前後におむつやベビーカーなどを購入したり、産後ケアなどを受けることができる。 日本政府はまた、保健人材が出産女性と1対1の相談をする制度も作る方針だと明らかにした。

これに先立って日本では出産を奨励するために多様な政策を用意している。 代表的に女性が出産すれば、子供1人当たり42万円(約407万ウォン)を支給する「出産育児一時金」制度がある。 また、出産後には子供が満1歳になるまで育児休職で月給の約50~70%を受け取るようにした。

これは日本国内の出生児数が減少し続けている状況のためだ。 昨年、日本の出生児数は81万1604人で、関連統計の作成以来、歴代最低値を記録した。 2020年と比べると2万9231人減った。

日本の合計出生率も昨年1.30人で、6年連続減少した。 合計出生率は、一人の女性が妊娠できる期間に産むと予想される平均出生児数を示した指標だ。 経済協力開発機構(OECD)の基準によると、合計出生率が2.1人以下の場合は少子化、1.3人以下の場合は超少子化に分類される。

これに加え、結婚意思のある日本未婚女性たちの希望子女数も関連集計が始まって以来初めて2人線を下回ったことが分かり、少子化問題に対する憂慮が一層大きくなった。

このように急激な人口減少を経験する日本の状況について、テスラのイーロン·マスク最高経営責任者(CEO)は「出生率が死亡率を超える変化が発生しなければ、結局日本は消えるだろう」と指摘した。

読売新聞も「国立社会保障·人口問題研究所が2017年に発表した人口推移より人口減少速度が10年も速い」として「養育にともなう経済的負担を減らさなければ経済活動人口も減少するだろう」と指摘した。

引用元記事:https://is.gd/Swv2DJ

Twitterのフォローもお願いします!

以下韓国の反応

以下イルベからの反応です。

1:韓国の反応

我が国の方が出生率が低いし、もっと問題だと思うんだけど···

 

2:韓国の反応

他国より自分たちのことを心配しないと

次のページへ >

面白かったらぜひ応援お願いします↓

タイムセール情報はこちら↓

  • ●Amazonタイムセール
  • おすすめ記事

    その他のおすすめ記事

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    -生活, 韓国の反応

    アクセスランキング