生活 韓国の反応

韓国人「これは妖精の住む家か?AIが作った『未来のアパート』はこんな感じなのか…」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

当サイト人気記事

米国で開かれた美術大会で人工知能(AI)で生成した絵が優勝し論難になる中で、インドのある建築家がAIを通じて未来アパートに対する構想を披露した。
7日(現地時間)CNNによると、インドの建築家兼コンピューターデザイナーマナス·バティアがイメージ生成AIを活用し、未来指向的超高層マンションの鳥瞰図を公開した。
ミナス·バティアは木と植物、鳥類で覆われた住居用摩天楼が空気浄化の役割をする未来に対するビジョンを描いている。
彼は繊細な細部イメージを通じて自分のアイデアを現実化した。 彼が今回披露した想像建物は自然からインスピレーションを受けた曲線形態でデザインされている。 しかし、このデザインは完全にバティアならではの想像力で作り出した作品ではない。

バティアはこれに先立ちコロラド美術大会で優勝した人工知能映像ツールミッドジャーニー(Midjourney)を活用して「AIx未来都市」プロジェクトを開始した。
ミッドジャーニーに「未来指向的な塔」、「ユートピア的技術」、「共生」、「生物発光材料」のようなコマンドを入力するとAIが一連のデジタルイメージを生成した。
バティアは「それぞれの超現実的な作品を作るのに最大20分かかることもありうる」として「プロジェクト当りほぼ100回程度説明を修正し命令語を編集、追加して希望する結果を得てフォトショップを使ってイメージを整えた」と説明した。
彼は「AIを使ってイメージを作り、その過程でAIが自ら学習した」として「ミッドジャーニーを活用した試行錯誤過程が面白かった」と付け加えた。
「共生建築」というまた別のプロジェクトでバティアは建築物が生活素材で作られる未来を想像した。 彼は「巨人」や「ソクビン」のような命令を使って「理想的な未来」と名付けたアパートが木の中に入っているイメージを具現した。

同氏は、「この建物は世界最大の生きている木であるカリフォルニアの116メートルの高さの杉ハイペリオンからインスピレーションを得た」と説明した。
バティアは「建物の外壁は実際に自然からインスピレーションを受け、建物が温度を調節する方法も植物の発散からインスピレーションを得ることができた」として「自然な資材を活用して建物を作り続けていくことができれば自然的な過程を通じて建物自体が循環できるだろう」と説明した。
一方、バティアは最近、美術展で優勝し、議論を呼んでいるジェームズ·M·アレンの作品についても意見を出した。
バティアは「AIはまた別の道具に過ぎない」として「芸術は解釈が無限で芸術家はある種類の道具を使って芸術を創造することができる。 AIは誰でも使えるが、創意力が優れた人ほど良い結果を得ることはできない」と説明した。
続いて彼は「ユーザーの想像力を跳び越える製品を生産する新しいアイデアを刺激し、設計過程を豊富に作ることができる」として「未来にはAIが3Dデザインを生成することができ、この機能が建築家が創作物をモデリングするのに使用するソフトウェアに統合されるだろう」と展望した。

引用元記事:https://is.gd/IgNQuX


Twitterのフォローもお願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバー からの反応です。

1:韓国の反応

エコなこと言ってるな

 

2:韓国の反応

虫にとっては天国だね

次のページへ >


面白かったぜひ応援お願いします↓

おすすめ記事

その他のおすすめ記事

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。


-生活, 韓国の反応

アクセスランキング