教育 韓国の反応

「韓国も20年前は英語が苦手だったのに」…日本メディア、自国の英語力を嘆く=韓国の反応

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

当サイト人気記事

日本のあるマスコミが日本人の英語力が世界平均で大きく遅れているとし、日本人の性向に合わせて「スピーキング訓練」よりは「多読」を通じて英語力を引き上げなければならないと主張した。

23日、ヤフージャパンは、日本のTOEFLの平均点数が韓国、中国、台湾などのアジア諸国より10点以上低いとし、日本人の英語水準が落ちる理由について、日本版ニューズウィークを引用して報じた。

この10年間、世界の英語使用者は約10億5000万人から13億人に増え、全世界人口の17%に当たる。 英語の使用人口が増加するにつれ、英語の水準も高まっている。 TOEFLiBT点数の推移を見ると、06年の世界平均点数は79点だったが、20年には87点まで上昇した。

英語が苦手だったアジア諸国の英語力も年々向上している。 2020年TOEFLiBT国別平均点数で韓国は86点、中国87点、台湾が85点となり、世界平均と似たような点数を示した。 しかし、日本の平均点数は73点で、他国の点数上昇速度に追いついていない。

現在、日本の文部科学省が目標としている英語力は、高校卒業前までにCEFR(欧州共通言語標準等級)A2等級を達成することである。 6段階に分かれている等級でA2は下から2番目の等級である。

ニューズウィークは、日本が目標とするCEFRA2等級が低すぎる目標だと指摘した。 そして、「20年前までは日本のように英語が苦手で有名だった韓国が、現在は香港に匹敵するほど英語が上手な国に生まれ変わった」とし、「韓国は目標をCEFRB2等級(3番目の等級)に設定したことで、英語の実力向上に成功した」と比較した。

また、中国と台湾も英語教育課程の難易度をCEFRB2等級水準に高めることで、英語力を急速に向上させたとし、日本も英語水準の目標設定を上方修正しなければならないと強調した。

ニューズウィークは英語力を引き上げる方法について、日本の英語教育が「会話」に過度に重きを置いてはならないと主張した。 会話の実力は重要だが、日本人は韓国人や中国人に比べて慎重な方なので、ミスを恐れずに積極的に乗り出さなければならない話し方は日本人によく合わないと話した。

代わりに好きな作家の本や興味を持った分野のウェブサイト、英語ブログ読み訓練を導入し「多読」で英語力を育てなければならないと主張した。

引用元記事:https://is.gd/PW1hfN


Twitterのフォローもお願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバーからの反応です。

1:韓国の反応

いくら読解、聞き取りの成績が良くても、辞書なしに話したり書いたりするのはまた別の話だよ。

 

2:韓国の反応

英語ができなくても生きがいがあるからいいんだよ

次のページへ >


面白かったぜひ応援お願いします↓

おすすめ記事

その他のおすすめ記事

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。


-教育, 韓国の反応

アクセスランキング