生活 韓国の反応

韓国人「福島原発の沖合で獲れたアジからセシウム検出…基準値の180倍…ブルブル」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事(非表示中)

福島第1原発の沖合で捕獲されたアジから基準値の180倍に達するセシウムが検出されたことが確認されました。

先月4月にも基準値の12倍に達する「ネズミウオ」が捕獲されるなど、福島産の水産物への不安が大きくなりそうです。

こうした中、日本の汚染水放流も間近に迫っているようです。

東京現地に接続します。キム・セホ記者!

福島産の水産物に対する懸念が高まっていますが、福島沖で捕獲されたアジの放射能値がどの程度なのか、詳しく教えてください。

[記者]
東京電力は先月、福島原発の沖合で獲れたウバラを検査しました。

日本の食品衛生法で定められた基準値は1kgあたり100ベクレルです、

今回捕獲されたアジからは、この基準値の180倍に当たる8000ベクレルの放射性セシウムが検出されました。

昨年4月にも同じ場所で捕獲された「ネズミアジ」からも基準値の12倍にあたる1,200ベクレルのセシウムが検出されました。

アジが捕獲された場所は、原発1~4号機の海側の防波堤であることが分かりました、

放射性物質の濃度が比較的高い内部の水が流出したためとみられます。

東京電力は、魚が港から流出するのを防ぐため、複数の網を設置していることを明らかにしました。

[アンカー]
こうした中、海底トンネルの工事は最終段階に入りましたね。

予定通りの放流が秒読み段階に入ったと見てよろしいでしょうか。

[記者]
はい。事実上、海洋放流が差し迫っていると見るべきでしょう。

東京電力は、トンネルの始点である陸上と海岸の放流口から、昨日の午後から6千トンにのぼる海水を入れ始め、昨日午前中に作業を終えました。

東京電力は4月25日、長さ1,030mの海底トンネルを完成させました。

トンネル工事に使った掘削用の重機を撤去すれば、トンネル工事は完了します。

東京電力は、汚染水を海底トンネルに送る直前の段階に当たる水槽の一部工事を終え、

今月末までに汚染水の海洋放流のためのすべての工事を終える方針です。

これにより、7月上旬に放流できる条件が整うことになります。

国際原子力機関、IAEAの調査団は先週日本を訪れ、包括的な検証手続きを終え、今月中に最終報告書を公表する予定です。

しかし、福島第1原発1号機の内部損傷に伴う安全性への指摘が出るなど、

日本内部でも様々な懸念が提起されています。

東京電力は、原子炉格納容器内の圧力容器を支える土台が損傷しているが、これについては問題ないという立場を繰り返し強調しています。

しかし、日本原子力規制委員会は、東京電力の対応が不十分であるとして、他の放射性物質が放出される可能性を指摘しました。

日本政府と東京電力の再三の説明にもかかわらず、汚染水の放出に対する不安を払拭するのは容易ではなさそうです。

引用元記事:ttps://is.gd/Ut9sll

ぜひ1日1回応援お願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバーからの反応です。

状況がこの状態なのに...政権は福島産水産物が安全だと言って輸入を再開するだろう…ブルブル

 

 

怖い

 

次のページへ >

面白かったらぜひ応援お願いします↓

タイムセール情報はこちら↓

  • ●Amazonタイムセール
  • おすすめ記事

    その他のおすすめ記事

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    -生活, 韓国の反応,

    アクセスランキング