生活 韓国の反応

韓国人「女性客室乗務員に暴言を吐く日本人女性…一体どうした?」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事(非表示中)

日本人女性乗客が日本語を話せないという理由で客室乗務員に怒鳴りつけるなど暴言を吐き、結局飛行機から追い出されたと台湾メディアTVBSニュースが6日報じた。

TVBSニュースによると、4日午前10時ごろ、日本福岡国際空港を出発する日本発台湾行きの中華航空CI111旅客機の機内で、離陸前の搭乗客である日本人女性が突然、大声を上げ始めた。

当時、他の乗客が撮影したと思われる映像で、黒い服を着た日本人女性は客室乗務員に「日本語を話せるか? ここはまだ日本だ」と叫んだ。

日本人乗客が日本語を話せないという理由で客室乗務員に不満を吐き出したのだ。この女性は(日本語で)水を持ってきてほしいと頼んだが、言葉が通じないので怒ったという。

また、この女性は台湾人客室乗務員の言葉が聞き取れないと、英語で「あなたは何を言っているのか、あなたは中国語しか話せないのか」「私は日本人なのに中国語を理解できると思うのか、日本語で話してほしい」と要求した。

状況を落ち着かせるために別の客室乗務員が駆けつけたが、この女性は「最悪の経験」と叫んだ。

乗務員は「他の乗客と飛行機の離陸のために叫ぶのを控えてほしい」と訴えたが、この乗客は全く耳を貸さなかった。

彼は特に自分の席に戻ってからも日本語で「ゴミのようなX」「豚のようなX」と罵倒したとメディアは伝えた。

結局、航空会社側は「飛行中の安全が保証できない」という理由で機内から降ろすよう措置した。この女性は日本警察に連行されたという。

この騒動で飛行機は当初、福岡空港を午前10時50分に離陸し、午後12時40分に台湾の桃園国際空港に到着する予定だったが、出発時間が40分も遅れるなど、乗客が大きな迷惑を被った。

通常、日本発着のフライトには日本人乗務員が搭乗するが、新型コロナウイルス感染症以降、通常運航を再開したばかりで、まれに日本人乗務員が搭乗しない場合があると航空会社側は説明した。

この事件はインターネット上でも話題になった。あるネットユーザーは「ブラックリストに載せ、二度と飛行機に乗れないようにすべきだ」「欧米では航空警察が即座に投入され、その人を鎮圧する」「一人のために多くの人が被害を受けた」など、この女性を批判する意見が多かった。

引用元記事:ttps://is.gd/pwyZMR

ぜひ1日1回応援お願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバー からの反応です。

このようなことは、日本は10年に1回、中国は1週間に1回、韓国は日本と中国の間で中国に近い頻度で発生する。

 

 

日本にもそんな人がいるんだねw

 

次のページへ >

面白かったらぜひ応援お願いします↓

タイムセール情報はこちら↓

  • ●Amazonタイムセール
  • おすすめ記事

    その他のおすすめ記事

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    -生活, 韓国の反応

    アクセスランキング