生活 韓国の反応

韓国人「日本産の水産物はしっかりと検査されているのか…放射能が不安だ…ブルブル」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事(非表示中)

最近、釜山地方食品医薬品安全庁の甘川港輸入食品検査所の職員たちは忙しい日々を過ごしている。日本政府が来る7月に福島汚染水の放流を予告し、水産物の安全に対する国民の関心が高まっているからだ。国内に輸入される日本産水産物の約40%を検査する甘川港検査所が25日、放射能安全管理を公開した。

この日、釜山駅から約20分かけて到着した甘川港輸入食品検査所保税倉庫は、輸入水産物を検査する職員で賑わっていた。

一行を案内したイ・ヨセプ釜山庁検査官に続いて鉄製の階段を上がると、日本産ホタテでいっぱいの大型水槽が目に入った。 イ検査官は「今日、日本産活ホタテ7.5トンのうち、まず官能検査を実施する」と話した。

この検査官の言葉と同時に、検査所の職員が小さなナイフを使って活ホタテを両側に広げた。官能検査の対象となる活ホタテは、職員が9カ所(箱)からランダムに選んだ。官能検査は人の感覚を使った検査方法で、色、香り、鮮度などを測定する。

官能検査を終えた職員は、放射能検査のために再びランダムに4キロの活ホタテを採取した。検査所の職員は、他のサンプルと混ざらないように袋に入れて密封した。こうして封印したサンプルは、放射能検査のために釜山庁に運ばれた。水産物の特性上、変質を防ぐためにサンプルはアイスボックスに入れられた。

釜山庁に運ばれた活ホタテは前処理過程を経る。この日、殻が取り除かれたホタテは機械を通して身が取り除かれる。ホタテの部位のうちどの部位が放射能に汚染されたか分からないため、均質化のために内臓を削るのだ。

挽いたホタテはビーカーに入れられ、再びガンマ線分析室に運ばれる。ガンマ分析室で高純度ゲルマニウムガンマ核種分析器を通じて放射能の数値を検査する。

張浩源釜山庁有害物質分析課の研究員は「ホタテ4㎏を検査するため、1人が10~15分間貝殻を剥く前処理工程を行う」とし「前処理工程を終えてから放射能検査する場所に移動する」と説明した。

均質化を終えた貝殻は、検体受付番号と重量をコンピューターに入力した後、高純度ゲルマニウムガンマ核種分析器に設置されたロボットアームに装着された。

当該検体は1万秒(2時間46分40秒)の間、放射能数値検査を受けることになる。チャン研究員は「検査が終わったら次の検体を検査する方式で行われる」と説明した。

食品医薬品安全処は、もし検査結果、セシウムなどが微量でも検出されると、ストロンチウムなどの追加核種証明書を要求している。食品安全処は「事実上、放射能に汚染された日本産食品は国内に持ち込まれないようにしている」と述べた。

この日、点検現場を視察したオ・ユギョン食品医薬品安全処長は、福島の汚染水排出の有無にかかわらず、日本水産物の輸入規制を維持すると明らかにした。オ長官は「食品医薬品安全処は国民の健康と安全を最も重要視している」とし、「現在実施している輸入規制をそのまま維持する」と述べた。

また、「今日見ていただいたように、水産物の安全管理はきめ細かく行われている」とし、「輸入水産物を安心して食べてもいい」と付け加えた。

引用元記事:ttps://is.gd/6CFDhP

ぜひ1日1回応援お願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバーからの反応です。

向こうの水産物を無理矢理受け入れる意図がわからない

 

 

検出されるかされないかの問題ではなく......不安なんだと......

 

次のページへ >

面白かったらぜひ応援お願いします↓

タイムセール情報はこちら↓

  • ●Amazonタイムセール
  • おすすめ記事

    その他のおすすめ記事

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    -生活, 韓国の反応,

    アクセスランキング