経済 韓国の反応

韓国人「韓国、このままでは経済状況が...」恐ろしい警告が出た

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事(非表示中)

国内景気状況を把握できる10の主要指標のうち、生産、消費、投資など7つの指標が下降または減速局面に入ったことが分かった。景気が依然として底値圏を抜け出せずにいるのだ。政府は今年、韓国経済が「上低下高」の流れを見せると見ているが、このような予想が外れる可能性があるという分析が出ている。

統計庁が9日に発表した「景気循環時計」によると、主要10指標のうち、鉱工業生産指数、小売販売額指数、企業景気実査指数、輸出額、輸入額など5つの指標が今年1月時点で下降局面に入った。設備投資指数と就業者数は減速局面に入った。上昇・回復局面に入った指標はサービス業生産指数、消費者期待指数、建設既成額など3つだけだった。景気循環時計は、10の代表的な景気指標がそれぞれ「上昇→減速→下降→回復」の景気循環局面のどこにあるかを示す指標だ。

昨年1月まで、景気循環時計を構成する10指標のうち、下降・減速局面にある指標は5つに過ぎなかった。しかし、昨年9月には下降・減速局面にある指標が7つに増えたのに続き、10月と11月はそれぞれ9つ、12月は8つを記録した。今年に入ってからは7つに減ったが、まだ景気の流れが変わったと見るのは早い。

特に、輸出額、鉱工業生産指数、企業景気実査指数などの主要指標は2、3月にさらに悪化した。 例えば、鉱工業生産指数は2月に99.2を記録し、2020年8月以降2年6ヶ月ぶりに基準値(100)を下回った。

景気循環時計の構成指標ではないが、今後の景気を予測するために使われる先行総合指数循環変動値も2月98.5を記録し、8ヵ月ぶりに基準値(100)を下回った。韓国経済研究院のチョ・サンヨプ経済研究室長は「ほとんどの指標が悪化する状況で、政府も明確な対応手段がなく、今年下半期の景気悪化は難しいだろう」と述べた。
鉱工業生産・消費・輸出下降局面..."景気上底と断言できない"
統計庁が先月31日に発表した「2月産業動向報告書」には、生産・消費・投資がすべて増加し、2021年12月以降1年2ヶ月ぶりに「トリプル増加」を記録したという内容が含まれている。一角では、景気が底を打ち、回復傾向に入ったという分析も出た。企画財政部の反応は違った。企画財政部の関係者は「数値は上昇したが、昨年下半期以降の下落が大きかった影響」とし、「すべての経済指標が改善する兆しがなく、今年1%台半ばの経済成長が容易ではない可能性がある」と述べた。
核心指標、明確な下降局面
景気が底圏を抜け出せない様子は、統計庁の景気循環時計でも顕著に表れている。景気循環時計で「下降」局面は、指標が前月より下落し、既存のトレンドを下回ることを意味する。その後、底を打って上昇すれば「回復」、上昇を続けてトレンドを上回れば「上昇」、頂点から下降すれば「減速」だ。昨年半ばまで、10の指標は下降・減速と上昇・回復の接点でくっつくことが多かった。景気後退か回復かを判断するのが難しかったということだ。

しかし、昨年下半期からは下降・減速の流れがはっきりした指標がほとんどだ。特に、昨年1月時点の鉱工業生産指数、企業景気実査指数、輸出額、小売販売額指数は明らかに下降局面に入った。

企業景気実査指数は昨年1月86から今年1月69に急落した。基準値(100)を大きく下回る水準だ。鉱工業生産指数はこの期間、115.4から102.5に低下し、小売販売額指数は106.1から102.9に下がった。主要指標の下落傾向は2、3月にも続いている。

製造業をはじめとする鉱工業生産指数は2月は99.2(2020年=100)で、2020年(8月)以来2年6ヶ月ぶりに100を下回った。半導体市況の悪化などで、鉱工業生産が新型コロナウイルス感染症発生直後より悪化したのだ。3月の輸出も前年同期比13.6%減の551億3000万ドルにとどまった。輸出は昨年10月以降、6ヵ月連続の減少傾向だ。

景気循環時計とは別に、景気の流れを把握できる「景気循環指数循環変動値」と今後の景気を予測するために使われる「先行総合指数循環変動値」もいずれも基準値(100)を下回っている。 両指数が同時に100を下回る状態が続いているのはすでに3ヶ月目だ。特に先行総合指数は8ヵ月連続で基準値を下回っている。同指数は1月まで5ヵ月連続で減少傾向を示したが、2月に99.4で前月比0.4ポイント上昇したが、まだ上昇傾向に転換したとは言い難いというのが財務省の説明だ。
"1%台半ばも容易ではない"
主要指標が低迷する中、外資系投資銀行は今年の韓国の経済成長率が1%台でかろうじて「懸垂」をするだろうと予想した。国際金融センターによると、8つの投資銀行(IB)が先月末の報告書で予想した韓国の今年の成長率見通しは平均1.1%だった。シティは韓国経済が0.7%成長にとどまると予想した。野村はマイナス成長(-0.4%)を予想した。

海外IBの見通しは、財務部(1.6%)、韓国銀行(1.6%)の見通しと差がある。政府・韓銀の今年の見通しは「上振れ」(上半期低迷、下半期回復)だ。問題は、短期間での景気回復を保証することが難しいという点だ。内需の回復が不透明な中、韓国経済の中核である半導体市況は急激に悪化し、その余波で輸出が6ヵ月連続で減少したからだ。さらに、サムスン電子など代表企業の「アーンショック(業績ショック)」まで重なり、景気回復が遅れる可能性があるとの観測が出ている。

韓国の最大の貿易相手国である中国発の「追い風」もまだ感じられない。チュ・ギョンホ副首相兼経済部長官は6日、「輸出で中国のリオープン(経済活動再開)効果がまだ本格化していない」と述べた。

専門家の間では、輸出と内需低迷で今年下半期に景気低迷が長期化する可能性まで指摘されている。

引用元記事:ttps://is.gd/VqFlf1

ぜひ1日1回応援お願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバーからの反応です。

国を心配する政治家はいないのか

 

 

これから4年後が心配...

 

次のページへ >

面白かったらぜひ応援お願いします↓

タイムセール情報はこちら↓

  • ●Amazonタイムセール
  • おすすめ記事

    その他のおすすめ記事

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    -経済, 韓国の反応

    アクセスランキング