娯楽 韓国の反応

韓国人「日本人がどうして韓国のように素晴らしいドラマが作れないか、悔しがっているぞwww」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事(非表示中)

「本当に面白いと感じた作品はほとんど韓国作品だ。 頑張らなきゃ」(日本の人気俳優佐藤健)

「コンテンツ強国だった日本がなぜ韓国のように作れないのか、韓国を学ばなければならない境遇だ」(日本ネットフリックス利用者)

" 私たちより一枚下に見た韓国に屈辱を受けている」(日本ネットフリックス利用者)

日本のネットフリックスが韓国コンテンツの競演場になっている。 韓国でもない日本で韓国コンテンツ同士が1位争いをしている。 日本のネットフリックスで長期間興行を続けてきた韓国オリジナルコンテンツ「ザ·グローリー」が12日ぶりに視聴順位1位の座から降りてきた。 「ザ·グローリー」を引き出した新作もまた別の韓国コンテンツであり注目を集めている。 日本のオンライン動画サービス(OTT)市場に韓国コンテンツブームが起きている。

グローバルOTT順位集計サイトフリックスパトロール(Flixpatrol)によると、校内暴力被害者の復讐劇を描いた「ザ·グローリー」は今月13日から日本ネットフリックスTVショー部門1位を守ってきた。 以後、24日から俳優ナムグン·ミン、イ·チョンア、ソリョン主演の「昼と夜」が新しく最上段に名前を上げた。

スタジオドラゴンが製作した「昼と夜」は2020年12月から翌年1月まで国内でtvNを通じて放映された作品だ。 28年前、ある村で起きた謎の事件の秘密を暴く推理劇だ。

ネットフリックスは放映後2年が過ぎた今月20日から日本でサービスを開始した。 2年前の作品だが、特に日本の利用者が高い関心を示し、公開4日ぶりに現地ネットフリックス順位1位になったのだ。

昨年も日本のネットフリックスは韓国コンテンツが人気チャートを長期執権してきた。 韓国コンテンツの地位が強固なだけに、日本OTT市場で高い話題性を続けた。

1月の「その年、私たちは」を皮切りに2月の「今、私たちの学校は」、3月の「少年審判」、「30、9」、「気象庁の人々」、4月の「社内対抗」、6月の「医師ヨハン」、7~9月の「おかしな弁護士ウ·ヨンウ」、「梨泰院クラス」、10月の「小さなお嬢さんたち」まで、韓国で製作されたコンテンツが一貫して日本のネットフリックス視聴順位最上段を占領してきた。

日本の人気俳優佐藤健は自身のユーチューブチャンネルでドラマを推薦してほしいというファンの質問に「変な弁護士ウ·ヨンウ」を挙げ「日本作品を推薦したいが本当に面白いと感じた作品は大部分韓国や米国作品」とし「(日本が)努力しなければならない」と吐露した。

韓国コンテンツに向けた日本人利用者の関心がますます高まり、今は逆に日本コンテンツ業者が韓国コンテンツ学習に熱を上げている。

業界関係者は「この間、韓国が日本コンテンツを真似したりコピーする場合が多かったが、今はKコンテンツの競争力が日本だけでなく全世界的に認められるほど高くなった」と話した。

引用元記事:https://is.gd/O87R1F

ぜひ1日1回応援お願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバー からの反応です。

1:韓国の反応

向こうのバラエティーを見ると、 すごく低質···

 

2:韓国の反応

過去、彼らに学ぶようについて行ったが、ある瞬間、追い越して先に進み始めた

次のページへ >

面白かったらぜひ応援お願いします↓

タイムセール情報はこちら↓

  • ●Amazonタイムセール
  • おすすめ記事

    その他のおすすめ記事

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    -娯楽, 韓国の反応

    アクセスランキング