政治 軍事 韓国の反応

北朝鮮、ユン政権発足6日前に弾道ミサイルを発射=韓国の反応

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

当サイト人気記事

 

イ・ジョンソプ大臣候補者「ICBMまたはそれより短いかもしれない」
北朝鮮が4日昼12時3分ごろ、平壌の順眼で東海側に弾道ミサイル1発を発射した。今年に入ってミサイル・放射砲など14回目の武力デモだ。特にユン・ソクヨル政府発足を6日、韓米首脳会談を17日控えて行われた挑発だ。

合同参謀本部によると、この日の弾道ミサイルの飛行距離は約470㎞、高度は約780㎞だった。最高速度はマッハ11で捕捉された。日本防衛省は飛行距離は約500㎞、最高高度約800㎞で飛んで日本の排他的経済水域( EEZ )の外に落下したと推定すると明らかにした。

飛行距離などで見ると、大陸間弾道ミサイル(ICBM・射程距離5500㎞以上)には及ばない。ミサイル専門家のクォン・ヨンス前国防隊教授は、「高角で発射した弾道ミサイル」とし、「正常角(30~45度)で撮影した場合、射程距離が1500㎞に及ばない準中距離ミサイル(MRBM・射程距離1000㎎)と推定される」と話した。

ただし軍当局は慎重な立場を維持した。イ・ジョンソプ国防部長官候補者はこの日、国会人事聴聞会で北朝鮮が撃ったミサイルの種類と関連、「ICBMあるかもしれないが、それより射程が少し短いことかもしれない」とし「正確なミサイルの種類は結果が出るように報告する」と話した。一部では、北朝鮮が燃料を充填しにくい方法で射程距離を減らしてICBMである火星-15型や火星-17型を発射した可能性も提起された。

軍関係者は「韓米が北朝鮮ミサイル発射の動きを事前に捕捉して備えた」と伝えた。米国はこの日、弾道ミサイル発射の事前兆候を捉え、発射時間に際して東海に弾道ミサイルの軌跡を追跡する偵察機であるRC-135Sコブラボールを送り、綿密に監視した。

北朝鮮のこの日の発射は、新政府発足と韓米首脳会談を狙って長距離ミサイル発射と核実験などの高強度連鎖挑発に乗り出す信号弾である可能性が提起される。また、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が先月25日、熱兵式演説で「核兵器を根本利益侵奪試みにも使用する」とし、「先制核攻撃」の可能性を公開的に述べた後、初挑発という点で注目される。

引用元記事:https://n.news.naver.com/article/025/0003192562?sid=100

以下韓国の反応

1:韓国の反応

先制打撃より先制弾劾しよう

 

2:韓国の反応

ずっと挑発するのであれば、先制的に強く打撃しなければならない。そして状況が許せば、平壌上空で素敵な飛行訓練する姿を世​​界中に見せなければならない。

 

3:韓国の反応

朝鮮が継続的にミサイルを撃っている中で、ユンが北朝鮮への先制攻撃関連の発言をしたことで国民が不安を抱いている

 

4:韓国の反応

ムンが撃ち上げたミサイルなんだww

 

5:韓国の反応

これはすべてムンジェインのためだ。

 

 


面白かったぜひ応援お願いします↓

おすすめ記事

その他のおすすめ記事

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。


-政治, 軍事, 韓国の反応

アクセスランキング