スポーツ 韓国の反応

韓国人「韓国がボルトガルに逆転勝利で12年ぶりのベスト16入り!!」カタールW杯

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事

当サイト人気記事

韓国サッカーが12年ぶりのW杯ベスト16入りという快挙を成し遂げた。 強豪ポルトガルに後半、追加時間を決めた「劇場ゴール」で逆転勝ちを収め、今やベスト8に向けて走る。

パウロ·ベントゥ監督率いるサッカー韓国代表チームは3日午前(韓国時間)、カタール·アライヤンのエデュケーション·シティ·スタジアムで行われたポルトガルとの2022カタールW杯グループリーグH組最後の3次戦で2対1で勝った。

前半5分、ヒカルドゥ·オルタに先制ゴールを奪われた後、前半27分、キムヨングォンが同点ゴールを決めて勝負を戻した。

その後、引き分けに終わりそうだった後半46分、ファン·ヒチャン(ウルバーハンプトン)が千金のような決勝ゴールを決め、痛快な2対1逆転勝ちを収めた。

ウルグアイと初戦で0対0で引き分けた後、ガーナに2対3で敗れた韓国は、これで1勝1分け1敗(勝ち点4、4得点4失点)となり、ポルトガル(2勝1敗)に次ぐH組2位で、各組1、2位が出場するベスト16入りを果たすことになった。

同じ時間、アルワクラのアルジャヌブスタジアムでガーナを2対0で下したウルグアイも1勝1分け1敗(勝ち点4、2得点2失点)となり、勝ち点と得失点差まで同じになったが、多得点で韓国がリードしてベスト16入りのチケットを手にした。

これで韓国は2010年南アフリカ大会以来12年ぶりにW杯ベスト16入りを果たした。 歴代最高成績のベスト4神話を書いた2002韓日W杯を含めれば、歴代3番目にW杯本大会の組別リーグを通過した。 ガーナは1勝2敗(勝ち点3)でグループ最下位で大会を終えた。

ガーナ戦で試合終了時点と関連して主審に抗議して退場させられたベントゥ監督はベンチに座ることができず、VIP席で祖国ポルトガルとの対決に臨んだ。 韓国ベンチは首席コーチのセルジオが守った。

ベントゥ監督は、イガンインを今大会で初めて先発出場させた。イガンインは、「前の2試合ではいずれも後半に交替投入された。

ガーナ戦で韓国選手としては初めてW杯本大会1試合「マルチゴール」という新しい歴史を書いた趙圭成(チョ·ギュソン、全北)が2試合連続最前線FWとして先発出場した。 攻撃2線の左右に「エース」孫興民(ソン·フンミン、トッテナム)とイジェソン(マインツ)を配置し、中央に李カンインとファン·インボム(オリンピアコス)を立てた。 守備型MFの任務は、チョン·ウヨン(アルサード)が引き受けた。

フォーバック守備ラインには左から金ジンス(全北)、金ヨングォン、クォン·ギョンウォン(ガンバ大阪)、金ムンファン(全北)が立ち、GK手袋は3試合とも金スンギュ(アルシャバブ)がつけた。

第1、2戦で先発出場したキムミンジェ(ナポリ)はウルグアイ戦で負った右ふくらはぎを負傷した影響で、結局ポルトガル戦では先発リストから外された。

ポルトガルでは「スーパースター」クリスティアーノ·ロナウドが先発で出てきて、ソン·フンミンとAマッチ初の正面対決を行った。 ロナウドはオルタ、ビティーニャと攻撃陣を組んだ。 MFにはジュアン·マリウ、フーベン·ネベス、マテウス·ヌヌスが出場した。 フォーバック守備ラインはディオグ·ダロット、アントニオ·シルバ、ペフ、ジュアン·カンセルで構成され、ゴールはディオグ·コスタが守った。

ポルトガルは2対0で勝利したウルグアイとの第2戦の先発陣から6人を変えた。 先制ゴールが切実なのは韓国だったが、かえって試合開始5分で先にゴールを奪われた。 ポルトガル後方から韓国の右側守備の後ろの空間に長くつながったボールをダロットがキャッチし、金ジンスのマークを振り切って追い込んでしまったカットバックをオルタがゴール右側から右足で蹴り込んだ。 ポルトガルは韓国守備陣の左右後ろの空間を着実に攻略した。

韓国は前半16分、孫興民のクロスに続くチョ·ギュソンのヘディングシュートがGKの善戦に阻まれ、流れたボールをゴール右側にいた金ジンスが左足で蹴ったが、オフサイドで得点は無効となった。 しかし、前半27分、やっと同点ゴールを決めた。 左から李カンインが左足で投入したコーナーキックがロナウドの背中に当たってゴール前に落ち、攻撃に加わった金ヨングォンが倒れ、左足ボレーシュートでポルトガルゴールにボールを入れた。

DFであるにもかかわらず、4年前のロシアW杯グループリーグのドイツとの第3戦で先制決勝ゴール(2対0勝)を決めた金ヨングォンは、2大会連続得点を記録した。

韓国は前半30分、オフサイド判定が出たものの、金昇圭が1対1の状況でロナウドのシュートを阻止し、雰囲気をさらに盛り上げた。 前半34分、ダロットがペナルティーアーク正面から左足でシュートしたボールも、金スンギュが体を投げて放った。 韓国も前半40分、ペナルティーアーク付近でソン·フンミンが左足でシュートしたのがGK正面に向かって悔しさを飲み込んだ。 続いて前半42分、ビティーニャの中距離シュートを金スンギュが放った後、続くロナウドのダイビングヘディングシュートがゴールポストの外に出て胸をなで下ろした。

後半は両チームとも変化なくスタートした。 後半11分、韓国の逆襲状況でチョ·ギュソンの浸透パスを受けたソン·フンミンがペナルティーエリア内の右側から右足シュートまで続けたが、守備手に先に阻まれた。

韓国は後半21分、李ジェソンを除いてファン·ヒチャンを投入して攻撃を強化した。 所属チームで受けた太ももの後ろの筋肉(ハムストリング)の負傷から回復が遅く、前の2試合には出場できなかったファン·ヒチャンは同日、初めてグラウンドを踏んだ。 ウルグアイがガーナに前半を2対0でリードしたまま終え、組1位を確定する可能性がさらに高まったポルトガルもロナウド、ヌヌス、ネベスを除いてアンドレ·シルバ、ハファエル·レオン、ジュアン·ファリーニャを送り出した。

すぐに韓国は相手を追い詰めたが、ファン·ヒチャンのパスを受けたソン·フンミンのシュートがGK正面に向かい、ファン·インボムの左足ミドルシュートもGKに阻まれるなど、なかなか追加ゴールを決められなかった。

その後、金ヨングォンが左太ももの部分を負傷し、後半36分、金ヨングォンと李カンインをソン·ジュンホ(山東台山)とファン·ウィジョ(オリンピアコス)に交代し、ポルトガルゴールを狙った。 結局、後半46分、韓国がベスト16入りを果たした。 主人公は「牡牛」のファン·ヒチャンだった。 孫興民がハーフライン付近からボールを取って一人で運転した後、相手守備3人に囲まれると、機知よく守備手の股間からボールを投入し、ファン·ヒチャンが続いてゴールエリアの右側に殺到し、右足のノンストップシュートにつなげて勝負を分けた。

2018年ロシア大会を通じてW杯舞台を初めて踏んだファン·ヒチャンの「W杯初ゴール」の瞬間だった。

試合終了後もガーナ対ウルグアイ戦は終わらず、センターサークル付近に丸く見え、試合結果を見守っていた韓国選手団はウルグアイの2対0勝利が確定すると、咆哮し、ベスト16入りの喜びを満喫した。

引用元記事:https://is.gd/eBIVKY


Twitterのフォローもお願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバー からの反応です。

1:韓国の反応

本当にお疲れ様でした。 とても誇らしい

 

2:韓国の反応

さすがソン·フンミン!!!

次のページへ >


面白かったらぜひ応援お願いします↓

おすすめ記事

その他のおすすめ記事

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。


-スポーツ, 韓国の反応

アクセスランキング