経済 韓国の反応

韓国人「インドは日本·ドイツを抜いて世界3位の経済大国になるだろう…」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事(非表示中)

米ウォール街の専門家たちがインドの成長可能性に注目した。

1日(現地時間)、CNBC放送によると、S&Pグローバルとモルガンスタンレーはインドが10年内に日本とドイツを抜いて世界3位の経済大国になると予想した。

S&Pグローバルは、インドの年間名目国内総生産(GDP)増加率が平均6.3%を維持するという前提に基づいて、インドが2030年までに3位に上がる可能性があると見通した。

モルガンスタンレーはインドのGDPが2031年までに現水準の2倍以上に増える可能性が高いと展望した。

モルガンスタンレーのアナリストたちは報告書で「インドはオフショアリング(生産施設海外移転)、製造業投資、エネルギー変換、先進デジタルインフラなど経済好況を享受する条件を備えている」として「このような要因がインドを10年内に世界3位の経済国家と3位の株式市場にしてくれるだろう」と診断した。

インドは堅調な国内需要とサービス部門に支えられ、今年第2四半期のGDPが前年同期より13.5%増加し、第3四半期にも6.3%成長し、ロイター通信の展望値(6.2%)をやや上回った。

ウォール街の専門家たちは、自国を製造業強国と外国人投資ハブにしようとするインド政府の努力も高く評価した。

特に、インドに生産施設を移す国内外企業に税制優遇をはじめとする各種インセンティブを与えるPLIS(生産連携インセンティブ)プログラムが、インドの製造業成長に重要な役割を果たすものと期待される。

これを受け、モルガンスタンレーはインドのGDPのうち製造業の割合が現在の15.6%から2031年には21%に上がるものと予想した。

英国経済分析機関「エコノミストインテリジェンスユニット」(EIU)のアナリスト、スメダ·ダスグプタはCNBCに「インドの長所は低価格の労働力、低い製造費用、投資に開放的な態度、ビジネス親和的な政策と若い人口構成」と話した。

しかし、インド経済に対する楽観論だけがあるわけではない。

何よりもグローバル景気低迷のようなマクロ的リスクが現実化すれば、貿易依存度が比較的高いインド経済の成長傾向が打撃を受けかねないということだ。

合わせて熟練した労働力供給、地政学的事件発生の可能性、政治的ミスなどもインド経済のリスク要素に挙げられた。

野村の首席エコノミストのソナル·バーマはCNBCに「インドの実質GDP増加率は8%でCOVID-19以前の水準を越えたが、今後の展望を見ればグローバル金融環境で逆風が吹いている」と指摘した。

引用元記事:https://is.gd/hNrEvg

Twitterのフォローもお願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバー からの反応です。

1:韓国の反応

相変わらずの階級制。あんな国の経済力がさらに大きくなれば、世の中はさらに混乱するだろう。

 

2:韓国の反応

国にはお金は多いが貧富の差が激しく、さらに21世紀にカースト制度まで存在する国

全く羨ましくない

次のページへ >

面白かったらぜひ応援お願いします↓

タイムセール情報はこちら↓

  • ●Amazonタイムセール
  • TikTokフォロワーを1,000人増加します TikTokフォロワー増加の宣伝をします!保証あり!

    おすすめ記事

    その他のおすすめ記事

    -経済, 韓国の反応

    アクセスランキング