スポーツ 韓国の反応

韓国人「カタールW杯の最高の名試合は韓国vsガーナだ!!!」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事

当サイト人気記事

アルゼンチンの日刊紙「ラ·ナシオン」が28日に行われたカタールW杯1次リーグH組第2戦の韓国対ガーナ戦を今回のW杯最高の試合だったと評価した。

28日午後10時(韓国時間)、カタール·アライヤンのエデュケーション·シティ·スタジアムで行われた韓国とガーナのW杯H組1次リーグ第2戦は、5ゴールも出る乱闘の末、韓国の敗北で終わった。

ベントゥ号は前半序盤、流れを主導したが、前半24分と前半34分、ほぼ同じ場所から上がってきたガーナのクロスに相次いで2ゴールを失点し、試合の流れを譲った。

しかし後半、李カンイン(21、マイヨルカ)、ナ·サンホ(26、ソウル)ら交代カードが的中、チョ·ギュソン(24、全北)が韓国W杯史上初のマルチゴールを記録し、勝負を原点に戻した。 しかし後半23分、モハメド·クドゥス(22)がさらに1ゴール差で逃げ切り、ベントゥはガーナに1ゴール差の惜敗を喫した。

前半序盤、試合の流れを主導した中で、やや虚しくゴールが決められ、アンソニー·テイラー主審の不満足な試合運営で、韓国ファンには物足りなさに満ちた試合だった。 しかし、第三者にとっては手に汗握る興味津々な試合だった。

アルゼンチンの日刊紙「ラ·ナシオン」は28日(韓国時間)、この試合について「疑う余地のない2022年カタール最高の試合の一つだった」と評価した。 メディアは「全般の相当部分を支配し最後には同点まで作ろうとするアジアチームの努力が非常に献身的だった」と伝えた。

さらに、メディアは試合の主要場面を詳しく描写した。 「ラ·ナシオン」は「後半戦は韓国の方が上手で、結果として明らかになった。 李カンインがチョ·ギュソンを見て左から素晴らしいクロスを挙げ、チョ·ギュソンはヘディングで得点に成功した」と韓国の挽回ゴールの場面を説明した。

続いてメディアは3分後の韓国の同点ゴールについて、「得点が再び左サイドから出た。 金ジンスがクロスを上げ、チョ·ギュソンがガーナのすべてのDFより高く飛び上がり、強力なヘディングをした」と描写した。

また「ラ·ナシオン」は「こういうのが競技だ。 韓国はあきらめなかった」とし、試合に追いつくためのベントゥ号の努力を高く評価した。

一方、ベントゥは3日夜0時(韓国時間)、ポルトガルを相手に「第2のドーハの奇跡」を夢見る。

韓国は現在、1分け1敗(勝ち点1、得失点差-1、得点2)でH組3位にランクされている。 第3戦の韓国のポルトガル勝利、ガーナとウルグアイの引き分けまたはウルグアイの勝利が必要であり、その後、得失点、多得点などをすべて計算してこそベントゥ号はベスト16入りが可能だ。

ドーハで行われた1994年ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で、韓国が終盤に日本を抜いて劇的に本大会出場のチケットを手にしたことを「ドーハの奇跡」と呼んだ。

引用元記事:https://is.gd/OQ1LTU


Twitterのフォローもお願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバーからの反応です。

1:韓国の反応

負けたけどよく戦ったし、上手だった。 もう少し頑張ればベスト16にいつも進めるチームになれるはず

 

2:韓国の反応

負けたけど面白かった

次のページへ >


面白かったらぜひ応援お願いします↓

おすすめ記事

その他のおすすめ記事

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。


-スポーツ, 韓国の反応

アクセスランキング