韓国の反応

スターバックス「超非常事態」…韓国進出23年越しに最大の危機に直面=韓国の反応

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

当サイト人気記事

 

コーヒー市場不動の1位ブランドであるスターバックスが連日苦境に立たされている。 今回は贈呈品の有害物質検出の可能性が提起され、非常事態になった。 スターバックスが韓国に入ってきて23年ぶりに最大の山場を迎えたという指摘が出ている。

業界によると、スターバックスは23日から各売り場で贈呈品である「サマーキャリーバッグ」をドリンククーポン3枚に交換している。 ある研究員がキャリーバッグから発がん物質に分類されるフォームアルデヒドが検出されたという主張を匿名コミュニティ掲示板に掲載した後、消費者の不満が提起されたことによるものだ。

スターバックス関係者は「国家公認試験機関に検査を依頼し、10日以内に結果が出れば後続措置を用意する予定」とし「検査結果が出る前でも希望する消費者には飲み物クーポンを支給することにした」と説明した。

1999年に1号店を出して上陸したスターバックスは、これまで韓国市場で恐ろしい成長を遂げてきた。新型コロナウイルスの流行の昨年には、年間売上2兆ウォンを突破し、コーヒー市場で圧倒的1位の座を固めた。 売り場に来る前に先注文する「サイレンオーダー」は2014年スターバックスコリアで初めて導入し米国本社に逆輸出するなどグローバルでも地位を認められた。

20年以上、勢いに乗ってきたスターバックスコリアは、あいにく昨年7月、イーマートが持分を追加で買収し、筆頭株主(持分率67.5%)へと躍り出た後、さまざまな議論に巻き込まれ始めた。 今年初めスターバックスのコーヒーの味が変わったとか、「好きなものが好き」というハングルマーケティング文句で固有の「スタバ感性」が消えたなどの顧客反応が出てきた時はスターバックス内部では大きく動揺しなかった。 実際、原材料とレシピ、マーケティング政策と関連した変化があったわけではないためだ。

しかし、今年4月から雰囲気が変わった。 始まりは紙ストローだった。 紙ストローからガソリンの匂いがするという顧客の苦情が提起され、実際に製造会社1社がコーティング液配合比率を誤って調整したことが明らかになり、全量回収処理することが発生した。 先月は、新世界フードがスターバックスのレシピに従って納品するチキンサンドイッチの品質が一定でないという指摘に、再び話題になった。

最も議論になったのは贈呈品のキャリーバッグだ。 悪臭議論に続き、有害物質検出の可能性まで提起されたキャリーバッグは、飲み物17杯を飲んだ顧客に無料で贈呈するフリークエンシーイベント製品だ。 フリークエンシー贈呈品はスターバックスに忠誠顧客を作った核心マーケティングの一つという点で贈呈品以上の意味があるというのが流通業界の評価だ。

スターバックスをめぐる一連の事件と関連し、筆頭株主のイーマートだけでなく、新世界グループでも深刻性を認知しているという。 品質管理能力が俎上に上がれば、グループ全体としてもイメージ打撃だけでなく、忠誠顧客が離脱する可能性があるためだ。

引用元記事:https://is.gd/k63SfQ


Twitterのフォローもお願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバーからの反応です。

1:韓国の反応

アイスラテ本当においしくないTT

 

2:韓国の反応

何でも国内企業が全権を握った瞬間に大失敗

次のページへ >


面白かったぜひ応援お願いします↓

おすすめ記事

その他のおすすめ記事

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。

ここ経由でお買い物頂けると韓国ニュース反応まとめにチャリンと入って運営が助かります。


-韓国の反応,

アクセスランキング