政治 経済 韓国の反応

韓国人「史上最大の税収不足…なのに相次ぐ減税…」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事(非表示中)

本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

昨年の国税収入が50兆ウォン以上不足し、税収不足の規模が過去最大を記録しました。

このような状況にもかかわらず、減税政策が相次ぎ、今年の税収の見通しは暗いです。

イ・ヒョンウォン記者です。

[記者]
昨年、徴収されなかった税収は56兆ウォンで、過去最大です。

政府の予想より景気が悪かったことに加え、不動産市場の低迷の影響が大きかったです。

実際、税収の穴の90%は法人税と所得税、付加価値税で出ました。

いずれも内外の景気と直結した税目で、今年も状況は大きく変わりません。

昨年8月に政府が発表した今年の税収見通しです。

法人税は3兆ウォン近く急減し、総合不動産税も5千億ウォン減ると予想しました。

問題は、景気回復が遅れているのに減税政策が相次ぎ、税収の穴がさらに大きくなる可能性があることです。

金融投資所得税の廃止と証券取引税の引き下げ、設備投資臨時投資税額控除の延長とISAのメリット拡大が代表的です。

大小の減税案で減る税収は7兆ウォンに達すると推定されます。

大部分は大企業と高所得層が直接恩恵を受けることになり、「富裕層減税」という批判が出ています。

これに対し、政府は'波及効果'を強調しています。

[ユン・ソクヨル/大統領(先月15日) :(半導体投資に)税金を免除し、さらに補助金を支給した場合、より多くの税金と財政収入が得られると報告....。大企業を助けて困難な人を苦労させるんじゃないか、そのような話は虚偽の扇動に過ぎないという....]

反論も少なくありません。

降水効果自体が不透明で、景気減速の中で減税と財政支出の縮小は悪循環をもたらす可能性があるということです。

[ホ・ジュンヨン/西江大学経済学部教授:(降水効果は)学界でまだ検証されていない理論だと....。今のような状況では、政府の財政余力をむしろさらに減少させる方向、政府の税収を減少させる方向に作用する可能性がより大きいと....]

財政悪化にもかかわらず、4月の総選挙票を狙った減税政策が 쏟아지면서、今年の税収確保も容易ではない見通しです。

引用元記事:ttps://x.gd/2rurm

ぜひ1日1回応援お願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバーからの反応です。

 任期が終わったらすぐに刑務所に送るのが正解だ

 

 

国を滅ぼすのを完全に企んでいるようだ.....

 

Amazonのオーディオブック:いまなら2か月間お試し無料!

 

次のページへ >

面白かったらぜひ応援お願いします↓

タイムセール情報はこちら↓

  • ●Amazonタイムセール
  • おすすめ記事

    その他のおすすめ記事

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    -政治, 経済, 韓国の反応

    アクセスランキング