政治 軍事 韓国の反応

米専門家「米国との関係正常化をあきらめた北朝鮮、戦争することを決めたようだ」=韓国の反応

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事(非表示中)

本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

韓半島の状況が6・25戦争直前と同じくらい危険であり、金正恩北朝鮮国務委員長の頻繁な「戦争」言及がハッタリではないかもしれないと米国の専門家が主張しました。

米ミドルベリー国際研究所のロバート・カーリン研究員とジークフリード・ハッカー教授は11日(現地時間)、北朝鮮専門メディア「38ノース」に寄稿した文章で、「韓半島の状況が1950年6月初め以降、これまで以上に危険だ」とし、「金正恩氏が1950年に祖父がそうであったように戦争するという戦略的決定をしたと思う」と明らかにしました。

彼らは、金正恩がいつどのように引き金を引くか分からないが、今の危険は韓米日がいつも警告する「挑発」レベルを超えたとし、昨年初めから北朝鮮の官営メディアに登場する「戦争準備」メッセージが北朝鮮が通常行う「ブラスター(bluster)ではないと主張しました。

彼らは、2019年2月のハノイ米朝首脳会談での交渉決裂に大きく失望した金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が3代にわたって北朝鮮政権の目標であった米国との関係正常化を完全に放棄し、それが戦争を決意した主な原因だと見ました。

また、北朝鮮が中国、ロシアとの協力強化などで友好的なグローバル環境が造成され、朝鮮半島問題の軍事的解決を追求する機会と時期が来たと判断することができると主張しました。

にもかかわらず、このような状況で韓国と米国は、金正恩が米韓同盟の「鉄壁のような」抑止力のため、小規模な挑発はしながらも現状を維持するという考えに固執していると二人の学者は指摘しました。

彼らは、韓米が「北朝鮮が攻撃すれば、北朝鮮政権を完全に破壊する」というメッセージを頻繁に発信して北朝鮮を抑止できると考えていますが、現在の状況でそのような考えは致命的である可能性があると警告しました。

彼らは「北朝鮮が私たちの計算を完全に外れる方法で動こうと計画するかもしれない」という最悪の場合を真剣に考慮しなければならない状況に達した可能性があると評価しました。

続いて、北朝鮮が心理的または物理的な方法で韓米日の軍事力の最も弱い部分を攻略しようとする可能性があると展望しました。

また、金正恩国家委員長が本当に米国との関係を改善する他の方法がないと判断した場合、彼の最近の発言と行動は、彼が核兵器を活用した軍事的解決策に傾いていることを示していると主張しました。

彼らは戦争の可能性を話すことは「狂気のような話かもしれないが、歴史は他の良い選択肢が残っていないと自ら確信している人たちは、最も危険なゲームもやってみる価値があると考えるようになることを示唆している」と述べました。

引用元記事:ttps://x.gd/VBajq

ぜひ1日1回応援お願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバー からの反応です。

北朝鮮が非核化の意志が全くないことを最終的に確認した米国も結局戦争を決意したようだ

 

 

戦争になれば勝者も敗者もなく、滅亡に向かうだけ

 

【最大60%OFF】Kindle本 年末年始セール

 

次のページへ >

面白かったらぜひ応援お願いします↓

タイムセール情報はこちら↓

  • ●Amazonタイムセール
  • おすすめ記事

    その他のおすすめ記事

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    ここ経由でお買い物頂けると運営がより捗ります…

    -政治, 軍事, 韓国の反応

    アクセスランキング