生活 韓国の反応

韓国人「韓国で製造された冷凍キムパプ250tがアメリカで1ヶ月で完売…ブルブル」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事(非表示中)

毎日「KIMBAP」を買いに行ったが、売り切れだった。機会があった時に何個か買っておくべきだった」。

「やっと韓国の冷凍キムパプを手に入れた。早く食べてみたい」。

ティックトックやインスタグラムなどのSNSにアップされた冷凍キムパプの購入レビューだ。最近、米国で韓国産冷凍キンパプが品切れ騒ぎを起こすほど人気を集めている。8月、韓国系ティックトッカーのセラ・アンが母親と一緒にアメリカの食料品店チェーン「トレーダー・ジョーズ(Trader Joe's)」で販売する冷凍キムパプの試食映像をアップしたところ、3週間で1100万回以上再生され、大きな話題を呼び、アメリカのキムパプブームに火をつけた。米NBC放送は「このTikTok映像が口コミで広まり、(冷凍キムパブが)全国で完売した」と報じた。SNSには「8月にあっという間に売り切れ、再入荷を待った。私が行った店舗は一人当たり2個までしか購入できず、やっと購入できた」などの口コミが寄せられている。

トレーダージョーズで販売している冷凍キンパプは、韓国の消費者にはあまり馴染みのない食品企業「オールゴット(ALLGOT)」が納品している。製品名はキムパプの韓国語発音をそのまま取った「KIMBAP」だ。通関が難しい肉を除き、ごぼうと油揚げを入れたビーガンキンパプとしても話題になりました。電子レンジで2分10秒温めるだけで、価格は1巻3.99ドル(約5230ウォン)で、地元の食堂で売っているキンパプの3分の1水準です。解凍後も即席キンパプと変わらない味、健康食として楽しめるビーガン食、コストパフォーマンスの良さが人気の要因として挙げられます。K-POP、K-Dramaなど韓国文化に対するアメリカ人の高い関心もキンパプの流行に一役買っている。8月にトレーダージョーズ全国500余りの支店に納品された初回数量250tは1ヶ月も経たないうちに完売した。

2019年6月、慶尚北道亀尾に設立された韓国最大の冷凍キムパプ単一品目生産企業だ。コンビニエンス食品の開発に集中していた中、K-フードの世界的な人気に注目し、キムパプのグローバル化を推進するようになり、昨年4月に急速冷凍技術を適用した「ババキンパプ」5種(野菜、マグロ、製肉、ブルダック、クレイジーブルダック)を国内に発売し、冷凍キムパプ市場に進出した。その後、ビーガンキンパプ、マグロマヨキンパプなどのラインナップを追加したが、ビーガンキンパプのうちユブウコンキンパプが今年、米国で人気を集め、本格的な輸出の足掛かりを作った。オルゴトの関係者は「売上が昨年比5倍以上成長した」と伝えた。

オルソトの創業者であるイ・ホジン代表は、アスン建設、建材企業ASPを運営してきた後、食品事業に参入した。イ代表は昼食にキムパプをよく買って食べていたが、2~3本購入すると余ることがあり、電子レンジでチンして食べていた。しかし、そのたびに食感が落ちるのを感じ、マグロの急速冷凍技術を思い出し、冷凍キンパプに挑戦した。 その後、急速冷凍技術で味を維持できることを発見し、新事業の扉を開いた。

家庭でキンパブを冷凍すると、冷凍中に水分が蒸発し、野菜類の繊維組織が変形することがある。これを電子レンジで解凍すると、ご飯はふにゃふにゃになり、野菜まで縮んで食感が悪くなる。そこで、真っ直ぐなキンパプの具材の水分損失をできるだけ減らし、味を維持するために、キンパプをマイナス45度で急速冷凍する技術を開発した。急速冷凍時に水分膜ができ、水分の蒸発を最小限に抑え、即席キンパプのようなしっとり感を維持するのだ。 また、電子レンジで解凍する際に熱が均等に伝わるようにキンパプ専用の特殊容器を開発し、特許を取得した。キンパプ専用に開発されたトレイは3段に分かれており、熱伝導率に優れ、下部の水分層がキンパプの破裂を防止する。食品安全管理にもこだわり、昨年10月に食品安全管理認証基準であるHACCP認証をはじめ、グローバル食品安全経営システムであるFSSC22000認証を取得し、輸出に備えて製品パッケージのデザイン登録証も取得した。

アメリカ全土とヨーロッパ進出を目標

米国では「KIMBAP」、韓国では「ババキンパプ」という名前で販売されている真っ当な冷凍キムパプは、昨年発売当時、お笑いタレントの皇帝性を専属モデルに起用し、本格的なマーケティングを開始した。しかし、市場の反応は期待に及ばなかった。その後、その年の6月にキンテックスで開かれたソウル国際食品産業大展に参加し、米国のバイヤーと出会い、米国輸出の道が開かれた。今年初めの数量250tを皮切りに10月には500tを追加発注し、11月にも追加注文が入った状態だ。国内ではババキンパプのほか、ババトッポッキ、ババアムックタンを展開しており、人気アイテムであるババキンパプはSSGドットコムとオルゴト(올곧)ネイバーストア、オルゴトマーケットモールなどで限定的に販売されている。Naverストアとオルゴットマーケットモールでは、キムパブが完売し、11月末か12月中旬に初めて購入できる状態だ。

国内外の冷凍キンパプの需要が爆発的に増加し、オルソトは来年上半期の完工を目標に設備を増やしている。増設が完了すると、生産量が現在の10倍以上に増加するため、国内納品先も拡大する見通しだ。また、米国のコストコとも冷凍キムパプの入店を推進している。オルソトの関係者は「コストコの役員と話を続けており、今後、ビデオミーティングと現地訪問を通じて受注を成功させる計画」とし「来年、米国全域と欧州進出を目標に海外市場を調査している」と明らかにした。

引用元記事:ttps://is.gd/8VgYFF

ぜひ1日1回応援お願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバーからの反応です。

韓国料理はどの国でも愛される

 

 

みんな、今すぐラーメンとキムパプを食べてみてほしい!!!

 

次のページへ >

面白かったらぜひ応援お願いします↓

タイムセール情報はこちら↓

  • ●Amazonタイムセール
  • TikTokフォロワーを1,000人増加します TikTokフォロワー増加の宣伝をします!保証あり!

    おすすめ記事

    その他のおすすめ記事

    -生活, 韓国の反応,

    アクセスランキング