生活 韓国の反応

韓国人「韓国なのに人口の5%が外国人...ブルブル」

厳選おすすめ記事

海外の反応おすすめ記事

PickUp記事(非表示中)

京畿道華城市長安面にある食品メーカー「ヌルプル工場」の従業員60人のうち、半分はネパール、タイ、ベトナムなど東南アジア出身の労働者だ。彼らは「奥様」と呼ばれる韓国の中年女性労働者と切断、洗浄、加工などすべての過程を共にする。アン・サンギョ(安相敎)常青代表は「製造現場で労働者の国籍は意味がなくなって久しい」とし、「外国人労働者がいないと運営に支障をきたすどころか、すぐに閉鎖しなければならないのが現実」と話した。

首都圏の製造業の中心地として浮上した京畿華城が、外国人労働者の「メルティングポット」に変貌している。仁川南東部、京畿道半月・始華工業団地の工場が「南下」し、多様な国籍の労働者が最も多く集まる「多国籍地域」に急浮上した。
メーカー数1位で雇用も多い
26日、法務部によると、先月末、全国で登録外国人数が最も多い基礎自治体は華城市で、現在4万3550人が正式に居住している。帰化人まで含めた外国人は5万2000人で華城市民(97万人)の5.3%を占める。

華城には全国の基礎自治体の中で最も多くの製造業者(2万758社)が集まっている。外国人雇用許可ビザ(E-9)で働く外国人の数も2万3460人で全国で最も多い。 登録外国人を基準にベトナム、カンボジア、フィリピン、インドネシア、タイ、ミャンマー、バングラデシュ、スリランカ国籍の人が最も多く住んでいる基礎自治体だ。市関係者は「全体の94.2%に達する50人未満の中小企業(約1万9000社)のほとんどに少なくとも1人以上が勤務している」と説明した。

長安面は10年前まで農業地域だった。10年前、長安面をはじめ、陽岩面、友情邑、八潭面、香南邑など華城東南部は「外国人産業団地」に変わった。地方道路を中心に工場と外国人が住むワンルーム村、彼らの昼食を解決する「韓食ビュッフェ」がある低層の商店街が続々と入ってきた。

火星産業振興院のイ・ドク戦略企画チーム長は「火星の経済を外国人労働者が支えていると言っても過言ではない」と話した。
"外国人のおかげで地域経済が回る"
火星は2010年代以降、製造業の中心地として急浮上した。京畿道始興(シチョン)-安山(アンサン)の盤月(バンウォル)-始華(シファ)工業団地にあった工場が2010年前後、地価が安い火星東部に南下したからだ。サムスン電子と現代自動車グループがそれぞれ華城のバンウォル洞とウジョン邑に新生産拠点を造成し、下請け業者も続々と進出した。

外国人が最も多く集まっているが、人手不足は依然として続いている。華城商工会議所によると、今年上半期の市内メーカーの求人倍率は7.8に達した。求職者より求人が7.8倍多いということだ。不法滞在外国人が全国で最も多く集まる理由だ。

多様な外国人労働者が集まり、業種別の分化現象も現れている。華城商工会議所の関係者は「射出、金属加工など繊細さが求められる業種では東南アジアの労働者を、建設・鉄鋼・部品のように体を使う業者ではモンゴル、ロシア、キルギスタンなどの体格の良い労働者を好む傾向がある」と説明した。

香南邑で自動車部品特殊塗装業者であるA-Techを運営するアン・ヒョジン代表(49)の従業員6人のうち3人も外国人だ。この工場の外国人2人はそれぞれロシアとキルギス国籍の高麗人女性で、F-4(在外同胞)永住ビザを取得し、他の工場で働く夫と火星で子どもを育てている。もう一人は昨年5月に入社したアピチェット・ソンタッテン(26-タイ)だ。専門学士号を持つ彼は、タイで比較的高賃金である月1万1500バーツ(約43万ウォン)を稼いだ。アピチェットさんは「月給が250万ウォンほどで、特勤手当を合わせるとそれ以上になる」とし、「できるだけ長く韓国に滞在してお金を貯めるつもり」と話した。

引用元記事:ttps://is.gd/p8xKtK

ぜひ1日1回応援お願いします!

以下韓国の反応

以下ネイバーからの反応です。

今、我が国の出生率が0.7なのに、日本やヨーロッパが1.4くらい。出生率が先進国の半分しかない。 しかし、我が国の人口は増加している。中国人や東南アジア人がものすごいスピードで増加している。我々は見て見ぬふりをして追い出されるのが今の現実だ。今後、このような現象はもっとひどくなるだろう。10年以内に中国人と東南アジア人が30%を超えるだろうし、我々はどんどんアウトサイダーに追いやられることになるだろう。

 

 

なぜ労働者だけを受け入れるのか、足りないという医師や、弁護士、裁判官、検察官を受け入れよう。有能な人を受け入れないと国がうまくいかない

 

次のページへ >

面白かったらぜひ応援お願いします↓

タイムセール情報はこちら↓

  • ●Amazonタイムセール
  • おすすめ記事

    その他のおすすめ記事

    -生活, 韓国の反応

    アクセスランキング